「第2のFacebook」を狙う企業のために──OCP仕様製品のデータセンター導入

IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > データセンター運用 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/10/04
更新日:2017/11/07


伊藤忠テクノソリューションズ

「第2のFacebook」を狙う企業のために──OCP仕様製品のデータセンター導入
Facebookが主導し、世界で200社近くが参加するエンジニアコミュニティー「Open Compute Project(OCP)」。OCP仕様の製品をデータセンターに導入することで、どのようなメリットを得られるのか、分かりやすく解説する。

 Facebookをはじめとするインターネットサービス事業者の間で、スケールアウトを重視したデータセンター(ハイパースケールデータセンター)の構築が始まっている。激増するユーザーのニーズにリアルタイムに対応するには大量のサーバやストレージリソースを逐次拡張する必要があるため、当然、データセンター運用コストの拡大につながってしまう。これらのコストを下げるためにFacebookが主導して発足したのが、「Open Compute Project(OCP)」だ。

 OCPはサーバやストレージ、ネットワークスイッチなどの製品について、スケールアウトに適した仕様を議論し、決定するコミュニティー。その仕様に基づいた製品をデータセンターに導入することで、コスト削減を実現していこうというものだ。OCPには現在、Facebook、Apple、Googleなどのユーザー企業、インテル、HP、ヴイエムウェアなどのメーカー企業、そして伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、パナソニック、ソニーなどの国内企業を含めて世界で200社近くが参加しており、参画企業の拡大が続いている。

 本コンテンツでは、OCP仕様の製品がどのようなメリットを生み出すかを解説する。「ハードウェア調達コスト」「電気コスト」「運用コスト」という3つの視点で見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社


掲載企業 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Windows Server 2008のサポート終了――クラウド化に振り切るべき理由とは

Windows Server 2008のサポート終了が迫り、Azure化を検討する企業は多い。しかし、クラウド移行の課題は際限なく湧き上がる。効率的なAzure…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

IT部門に負荷なく「働き方改革」を成功させる、安全なICT環境の構築方法

「働き方改革」の実現には、ICTを活用した生産性向上が欠かせない。しかしPCの持ち出しや貸与などを行えば、情報漏えいリスクやIT部門の負荷増大を招く。こうした課…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033508


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ