今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/10/02


日本アイ・ビー・エム

今まで慎重だった経営者が最新クラウド戦略「リフト&シフト」を受け入れる理由
基幹システムのクラウド化は、多くのメリットをもたらす一方で、移行にはさまざまな課題がつきまとう。こうした課題を解決するために提唱された「リフト&シフト」戦略の内容について事例と併せて具体的に解説する。

 基幹システムのクラウド化がもたらすメリットは理解しているものの、移行で直面するであろう数多くの課題を考えてためらう企業の経営者は多い。彼らの不安を取り除くために提唱されたキーワードが「リフト&シフト」戦略だ。

 リフト&シフトでは、これまでオンプレミスで使ってきたアプリケーションをクラウドでも利用(これをリフトと呼ぶ)しつつ、クラウドに最適化したアプリケーションを新たに用意して段階的に移行(これをシフトと呼ぶ)する。クラウドのメリットを最大限享受しながら、オンプレミスとクラウドのハイブリッド運用が可能だ。

 本コンテンツでは、大手ベンダーが考える最新クラウド戦略と、リフトまたはシフトの対象とする環境を切り分ける判断基準の解説、そして、クラウド移行に伴う開発作業を一貫してシームレスで実施でき、複数環境へのデプロイが自動でできる開発ツールの紹介などを用意している。経営者にとって、オンプレミスとクラウドを低コストかつ安定的に運用できるソリューションは、移行において直面する課題の克服に寄与するだろう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033434


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ