アンチウイルスだけには頼れない、最新ランサムウェアに対する対処法は?

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/10/11
更新日:2017/12/19


Ivanti Software

脅威の85%を防ぐ、標的型攻撃からWindows環境を守る「4つの重要戦略」
標的型攻撃対策として欠かせないエンドポイントセキュリティ。中でも注目されるのが、Windows環境への脅威の85%を防ぐという4つの重要戦略だ。Windows環境ならではのツボを押さえた対策ができれば、安全性と利便性の両立も可能になる。

 標的型攻撃の多くは、巧妙な手口でエンドポイントから侵入を図ってくる。その対策の主戦場となるのが、多くの企業が利用するWindows環境のセキュリティだ。中でも優先して取り組みたい施策として、オーストラリア通信電子局が公開した標的型攻撃に対するリスク低減戦略がある。35項目の戦略のうち特に重要な4つを実行するだけでも、Windowsへの脅威の85%を防げるという。

 その1つが「管理者権限管理」だ。Windowsが提供する非常に強力な管理者権限は、万が一の場合にはリスクにもなる。その権限を細分化し、個別に設定・管理できれば、悪意ある内部犯やサイバー攻撃の侵入を許しても歯止めとなる。リスクの高いツールや機能は原則禁止とし、必要な場面に限って利用できるよう柔軟に設定しておけば、現場の生産性も落とさずに済む。

 本資料では、このようなWindows環境を標的型攻撃から守るための4つの重要戦略と、生産性にも配慮した対応方法を解説する。当然だが、それらの対応は手作業や主導では限界がある。その実現に役立つツールも併せて紹介しているので参考にしてほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 Ivanti Software株式会社


掲載企業 Ivanti Software株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

USBデバイスからの情報漏えいを防止、現場の生産性を損なわないデバイス制御法

情報漏えい対策の第一歩に最適な、USBデバイスの使用制限。だが人的な仕組みではルールの徹底に限界があり、運用負荷も無視できない。そこで有効なのが、USBデバイス…

Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033328


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ