「サーバSAN」の採用でSQLServerを高速化、事例に学ぶストレージ刷新の秘訣

IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > ストレージ仮想化 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/10/24
更新日:2017/12/14


データコア・ソフトウェア

「サーバSAN」の採用でSQLServerを高速化、事例に学ぶストレージ刷新の秘訣
業務システムのSQLServerが1日に数十件もタイムアウトする状態に陥っていた科学飼料研究所。同社は「サーバSAN」を活用して、この状態を解消し、増設コストも約9割削減した。同社はどのような方法で、この成果を引き出したのだろうか。

 事業の拡大に伴い、社内システムを追加開発することは珍しくない。しかし、度重なる追加開発は、システムの複雑化という新たな課題を招きやすい。JA全農グループで、飼料や動物医薬などの製造・販売を手掛ける科学飼料研究所もこのような課題に直面し、処理件数の増加によるレスポンスの低下に悩まされていた。

 業務システムのSQL Serverが1日に数十件もタイムアウトする状態となっており、手作業によりなんとか急場をしのいでいたという。そこで、同社は、システム基盤全体の刷新を決断。それまでは業務系と情報系の2系統だったシステム基盤を統合し、ストレージには汎用的なハードのみでSANを構築できる「サーバSAN」を全面採用した。

 これにより、増設コストの約9割が削減されただけでなく、ボトルネックとなっていたSQL Serverの処理も大幅に改善された。もちろん、これほどの効果が得られた背景には、同社ならではの製品選びがある。本資料では、同社の事例を基に、サーバSANを活用して、コスト削減とレスポンス向上を両立する方法を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 データコア・ソフトウェア株式会社


掲載企業 データコア・ソフトウェア株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


20歳から69歳のスタッフのナレッジを共有、あの企業も使う月額150円のツール

スキルやナレッジの属人化に悩む企業は多い。情報を組織横断的に活用、ビジネスに反映し企業価値を高めるためには何から始めれば良いのだろうか。成功企業の足跡をたどる。

“オールペーパーレス”は理想郷? “デジタル化”の初手を知る

働き方改革への苦労は多い。人手やコストをかけずに身近な業務をIT化したいがこれまでの「紙文化」にもなるべくフィットさせたい。要望をかなえる方法は?

1ユーザー月額500円、低予算で先進のエンドポイントセキュリティを実現する方法

高度化するサイバー攻撃の被害は拡大する一方だが、社員が利用する全デバイスを保護・管理することは予算的にも技術的にも難しい。そんな企業が、先進のエンドポイントセキ…

「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」実施のヒント

文部科学省が公開した「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」はITを活用した情報管理やICT教育化が進む現在、全ての学校と教育関係者にとって必読の内…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033125


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ