鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2017/09/15

鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、
その実現方法とは?

 
 Microsoftの「Office 365」は、私たちのビジネスに欠かせないOfficeツールやコミュニケーションツールをクラウドで利用でき、エンドユーザーの利便性向上や管理者の負荷軽減が期待できるサービスである。これからシステムのクラウド化を推進しようという企業が“初めてのクラウドサービス”として導入したり、“働き方改革”の第一歩として採用したりするケースも多い。

 ところが、特にクラウド技術に不慣れなユーザーが陥りがちなのが、クラウドサービスに対する過信だ。確かにMicrosoftのクラウドサービスは堅牢(けんろう)で、高い可用性を維持していることで知られている。実際、サービスに起因するトラブルは非常に少ない。

 ただし、それはサービスが停止しないという前提のことであって、「データが失われることがない」と捉えるのは早計だ。エンドユーザーの操作ミスでファイルを削除してしまったり、内容を改変してしまったりしたことに対して、Office 365で元に戻せるわけではない。例えばメールデータは、アカウントを削除すれば一定期間で削除されるように規定されている。退職者のメールデータを1カ月経過後に参照したくとも、Office 365には残っていない。

 つまり、いかに堅牢なクラウドサービスであっても、「バックアップ/リストア」が必要ということである。自然災害や事故などの大規模な障害だけでなく、むしろ日々のトラブルや人的ミスなどをカバーするためにも、利便性の高いバックアップ/リストアのシステムを採用したい。

 本稿では、クラウドサービスであるOffice 365に適したバックアップとはどのようなものか、詳しく解説しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?/鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?」 (全文)では、「鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

新しいセキュリティ対策「サイバーリカバリー」とは何か 【EMCジャパン株式会社】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
進化するサイバー攻撃からバックアップデータをどう守る? アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Amazonギフト券が当たる:「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート

簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント。「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート、…

AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素

クラウド環境のシステムの安全は、クラウド事業者のセキュリティ対策だけでなく、ユーザー企業自身の対策が加わって初めて確保できるといえる。そのためにユーザー企業自身…

“一人情シス”でも安心、中小企業が目指すべき「次世代ITインフラ」とは?

変化に柔軟なITインフラの構築は、大企業よりもむしろ中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際にITインフラを変えるためには、どのような手段があるのか。

感染端末の見逃しは本当にないのか? 「インシデント終息」を証明する方法

不正プログラムの感染によるインシデントを終息させるには、顕在化した端末の特定/対処だけでは不十分だ。ネットワーク内の感染範囲を特定し、潜在的な脅威まで検証する方…

【PC、ギフト券プレゼント】Windows 10移行に関するアンケート

お勤め先におけるWindows 10移行に関するアンケートのご協力のお願いです。回答いただいた方の中から抽選で1名様にデルNew Latitude 5290 2…

「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で

取引先や経営幹部を装い「振込先変更」のメールを送り、多額の金銭をだまし取るビジネスメール詐欺(BEC)。単純だが多くの企業がだまされるBECへの根本的な対策とは…

本当にカタログ通りの性能? USENが徹底的な実機検証の末に選んだノートPCは

USENは1400台ものノートPCの一斉リプレースに着手した。求められたのは「軽く、8時間以上のバッテリー駆動」が可能な機種。ただ、カタログスペックと実機性能は…

Webサービス拡充が生んだリスクを解消、アコムが選んだ“多層防御”アプローチ

金融大手のアコムが実施したWebサービスの拡充。利便性を高めるサービスの拡充と同時に実施したセキュリティの強化によって、より堅牢な環境を構築した。同社がとった多…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033112


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ