鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2017/09/15

鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、
その実現方法とは?

 
 Microsoftの「Office 365」は、私たちのビジネスに欠かせないOfficeツールやコミュニケーションツールをクラウドで利用でき、エンドユーザーの利便性向上や管理者の負荷軽減が期待できるサービスである。これからシステムのクラウド化を推進しようという企業が“初めてのクラウドサービス”として導入したり、“働き方改革”の第一歩として採用したりするケースも多い。

 ところが、特にクラウド技術に不慣れなユーザーが陥りがちなのが、クラウドサービスに対する過信だ。確かにMicrosoftのクラウドサービスは堅牢(けんろう)で、高い可用性を維持していることで知られている。実際、サービスに起因するトラブルは非常に少ない。

 ただし、それはサービスが停止しないという前提のことであって、「データが失われることがない」と捉えるのは早計だ。エンドユーザーの操作ミスでファイルを削除してしまったり、内容を改変してしまったりしたことに対して、Office 365で元に戻せるわけではない。例えばメールデータは、アカウントを削除すれば一定期間で削除されるように規定されている。退職者のメールデータを1カ月経過後に参照したくとも、Office 365には残っていない。

 つまり、いかに堅牢なクラウドサービスであっても、「バックアップ/リストア」が必要ということである。自然災害や事故などの大規模な障害だけでなく、むしろ日々のトラブルや人的ミスなどをカバーするためにも、利便性の高いバックアップ/リストアのシステムを採用したい。

 本稿では、クラウドサービスであるOffice 365に適したバックアップとはどのようなものか、詳しく解説しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?/鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?」 (全文)では、「鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは?」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


1人情シスには重すぎるグループウェア管理負荷を月150円で解決

“ほぼ1人”の状態で社内の様々なシステムを管理されている情シスの業務負荷をクラウドなら、どう解決できるのか?グループウェアのクラウドサービスを例に解説します。ク…

経理部門の負担を50%減少した事例も――高機能経費精算システムの実力

従来の経費精算は申請側にとっても経理にとっても負担が大きく、業務の効率化においてハードルとなってきた。申請から支払い処理までを一元管理できるシステムを導入すれば…

確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る

商談を成功させる最良の方策は、購入意欲を持っている見込み客を見つけることだ。SFAを用いれば、顧客の様々な関連情報を組み合わせて、優良顧客を見つけ出せる。

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙における…

Accessに替わる新たな情報共有ツール 担当者頼りを撤廃し、高い汎用性を実現

システムを手軽に作成でき、細かな作り込みも可能なAccess。置き換え先の検討も困難だが、最近はノンプログラミング開発基盤に期待を寄せる企業も多い。だが、本当に…

急なワークフローの変更にも対応可 運用効率を改善する裏技とは

社内申請のシステム化を目的にワークフロー製品を導入したものの「組織や業務をシステムに無理やり合わせている…」「コストや手間が想定以上」などの課題を持つ企業も少な…

実録:老朽化したファイルサーバの交換、容量1TBの移行を1カ月で達成

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?

今ハイパーコンバージドインフラが脚光を浴びている。大手ベンダーが提供するアプライアンス製品が注目されがちであるが、本当にコストパフォーマンスを追求するのであれば…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033112


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ