企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果

掲載日:2017/08/31


アドビ システムズ

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果
社外ドキュメントは、デジタル化の波から取り残されている領域だ。紙ベースの運用では、契約・承認の時間や保管コスト紛失のリスクなど、企業は足を引っ張られることになる。その改善には、デジタル化に取り組むしかない。

 企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを強化する一方で、デジタル化が遅れている分野がある。契約書などの社外ドキュメントだ。調査企業IDCによれば、約80%の企業が、いまだに社外ドキュメントを紙ベースで運用しているという。

 紙ベースの運用では、契約・承認の時間やドキュメントの保管コスト、過去資料の検索性など多くの面で企業は足を引っ張られることになる。この課題を解決する方法としては、社外ドキュメントのデジタル化と、電子サインの導入が有効だ。

 本資料では、IDCの調査を通じて、ドキュメントワークフロー変革がどのようなインパクトを企業に与えるのかを電子サインの導入前後で示されるデータによって解説する。英国の老舗金融機関「The Royal Bank of Scotland」のような保守的な企業も、電子化によって顧客の増加というメリット享受している。本資料を参考に社外ドキュメントの電子化に取り組んでほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 アドビ システムズ 株式会社


掲載企業 アドビ システムズ 株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


1人情シスには重すぎるグループウェア管理負荷を月150円で解決

“ほぼ1人”の状態で社内の様々なシステムを管理されている情シスの業務負荷をクラウドなら、どう解決できるのか?グループウェアのクラウドサービスを例に解説します。ク…

経理部門の負担を50%減少した事例も――高機能経費精算システムの実力

従来の経費精算は申請側にとっても経理にとっても負担が大きく、業務の効率化においてハードルとなってきた。申請から支払い処理までを一元管理できるシステムを導入すれば…

確度の高い見込み客を見つけ、受注に導く方程式を作る

商談を成功させる最良の方策は、購入意欲を持っている見込み客を見つけることだ。SFAを用いれば、顧客の様々な関連情報を組み合わせて、優良顧客を見つけ出せる。

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙における…

Accessに替わる新たな情報共有ツール 担当者頼りを撤廃し、高い汎用性を実現

システムを手軽に作成でき、細かな作り込みも可能なAccess。置き換え先の検討も困難だが、最近はノンプログラミング開発基盤に期待を寄せる企業も多い。だが、本当に…

急なワークフローの変更にも対応可 運用効率を改善する裏技とは

社内申請のシステム化を目的にワークフロー製品を導入したものの「組織や業務をシステムに無理やり合わせている…」「コストや手間が想定以上」などの課題を持つ企業も少な…

実録:老朽化したファイルサーバの交換、容量1TBの移行を1カ月で達成

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

仮想化環境でTCOを削減、見誤ると期待が外れる「間接コスト」のポイントとは

管理の効率化やコスト削減を目的に仮想化環境を導入したものの、期待していたほど効果が得られなかったり、コスト削減を実現できなかったりするケースは少なくない。ここで…

SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?

今ハイパーコンバージドインフラが脚光を浴びている。大手ベンダーが提供するアプライアンス製品が注目されがちであるが、本当にコストパフォーマンスを追求するのであれば…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033091


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ