ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる

掲載日:2017/08/31


アドビ システムズ

ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる
創造的破壊がもたらすのは、企業の淘汰(とうた)なのだろうか。ジャーナリストの堀潤氏は、逆に企業の協業にイノベーションの可能性があるという。ただ、その実現には、目に見えないヒエラルキーやしがらみを破壊する必要がある。

 デジタル化が進み、創造的破壊の波があらゆる業界に押し寄せている。その波に乗り遅れれば、競業企業との収益力に大きな差がつくといわれており、多くの企業が危機感を抱いている。それでは、デジタル化に成功した企業は、このまま伝統的な企業を駆逐していくのだろうか。 

 むしろ創造的破壊を実現する上で大切なのは“協業”であるとジャーナリストの堀潤氏は指摘する。イノベーションは無から生まれるものでなく、蓄積された研究が、新たな技術やサービスとして進化して起こるものだ。だからこそ、伝統的な企業も「イノベーションを起こして新たなビジネスチャンスをつかむことができる」という。 

 そのためには、目に見えないヒエラルキーや組織の悪しき慣習、しがらみを破壊し、企業間や世代間の対話を増やしていくことが重要だ。「書類」のようなアナログ要素をデジタル化することも一助となるだろう。同氏へのインタビューを通じ、企業が働き方変革を実現し、イノベーションを生み出す組織になるためのヒントを探る。

関連ホワイトペーパー
歴史ある銀行を変えた「電子サイン」、ジャーナリスト・堀潤が見た変革の糸口
紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 アドビ システムズ 株式会社


掲載企業 アドビ システムズ 株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する?

ランサムウェア「WannaCry」では、国家が開発した攻撃ツールが悪用されたとみられている。高度化、複雑化する脅威の拡大を防ぐために、企業が取り得る対策とは。

BIツールを導入したのに使ってない……そんな事態を避けるための4つのポイント

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか?

エンドポイントセキュリティを再考しようという機運が高まる中、具体的にどう見直せばよいのか悩む企業は少なくないだろう。どのような視点で取り組むべきなのか。対策の理…

本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方

クラウドアプリケーションを導入するなら、必ずセキュリティの担保を考慮しなければならない。アクセス管理、パフォーマンス、データ保護、許可・未許可アプリの把握など、…

実録:老朽化したファイルサーバの交換、容量1TBの移行を1カ月で達成

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本

セキュリティ担当者がWebプロキシソリューションの導入を検討するとき、誤解があったり逆効果になっていたりする場合がある。そこでWebプロキシの仕組みや、次世代フ…

動画で解説:マッピング+さまざまな条件を視覚化&分析し、立地選定に活用!

地理空間分析は、新店舗の出店先や公共交通機関の利用調査など、ビジネスのあらゆる場面で活用されている。しかし、ただ視覚化するだけでは、データの隠れた関係性を明らか…

Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み

名刺をデジタル化し、顧客管理などに利用している企業や個人は多いだろう。しかし、営業活動やマーケティングなどで、より大きな効果を生み出すためには、名刺データをクラ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033086


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ