平均70%ものデータを削減、次世代ハイパーコンバージドのストレージ性能に迫る

掲載日: 2017/10/06

平均70%ものデータを削減、次世代ハイパーコンバージドのストレージ性能に迫る

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)はストレージ効率が非常に悪い。この問題を解決すべく、次世代HCIのストレージには、圧倒的なデータ削減を可能にする技術が採用されているという。


 仮想化、IoT機器の普及などによってデータが肥大化するにつれ、インフラのI/O性能の低下、WAN回線の負荷増大などの問題に直面する可能性は高まる。はやりのHCIではこの問題は深刻で、業務のために使われるはずのCPUがデータ処理に使われ、性能や安定性の低下も招くことが明るみになってきた。

 そこで、次世代のハイパーコンバージドインフラ(HCI)では、新たなストレージ技術を採用し、データそのものを小さくするという“目からうろこ” のアプローチで、この課題の解消を目指している。

 この新たなHCIは、ストレージ処理専用のハードウェアアクセラレーター、DIMMを用いたインメモリI/O、無駄なWriteを行わない専用アーキテクチャという3つのストレージ技術を搭載。これにより、重複排除や圧縮技術の課題を克服し、従来比60〜70%のデータ容量削減を実現するという。

 本コンテンツでは、次世代ハイパーコンバージドインフラのキーワードである「インテリジェントストレージ」について分かりやすく解説する。次世代技術がもたらす「3つの効果」についてもぜひ確認してもらいたい。
「続きを読む」で動画をご覧いただけます!



会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「平均70%ものデータを削減、次世代ハイパーコンバージドのストレージ性能に迫る/平均70%ものデータを削減、次世代ハイパーコンバージドのストレージ性能に迫る」 (全文)では、「平均70%ものデータを削減、次世代ハイパーコンバージドのストレージ性能に迫る」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「平均70%ものデータを削減、次世代ハイパーコンバージドのストレージ性能に迫る」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業  日本ヒューレット・パッカード株式会社

掲載企業  日本ヒューレット・パッカード株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033049


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ