オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 運用管理 > 統合運用管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/09/12


日本ヒューレット・パッカード

オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る
企業のITの俊敏性やコスト効率を向上させるため、従来の投資モデルから、「IT as a service」と呼ばれる利用課金型のモデルへの移行が進んでいる。これをクラウド上ではなく、オンプレミスで実現する新たな運用方法の可能性と価値を探る。

 近年、さまざまな企業が、新しいビジネスの創出やビジネス機会の拡大を目指して、デジタル変革に取り組んでいる。しかし、実際には多くのIT部門が、約8割の時間をIT運用あるいは「画一的な重労働」に費やしており、ITシステムの俊敏性やコスト効率に対する要求へ応えられずにいるのが現状だ。

 そこで、企業のITシステムのパフォーマンスを向上させつつ、リソースの割り当てと消費を強化するため、オンプレミス環境からパブリッククラウドなどへの移行が進んでいる。これは、IT投資の考え方が、従来の設備投資モデルから、「IT as a service」と呼ばれるような利用課金型のモデルへとシフトしつつあることを意味している。

 その一方で、オンプレミス環境で実現し得る高いセキュリティなどを手放せないケースも少なからず存在する。その場合は、運営費モデルの採用を諦めるべきなのだろうか。本コンテンツでは、IDCの調査に基づき、オンプレミス環境でも、キャパシティーやコストを必要に応じて増減できる新たな利用課金型の運用方法の可能性と価値を探る。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本ヒューレット・パッカード株式会社


掲載企業 日本ヒューレット・パッカード株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Windows 10移行への意識調査【第8世代Core搭載2-in-1が当たる】

お勤め先におけるWindows 10移行に関するアンケートのご協力のお願いです。回答いただいた方の中から抽選で1名様にデルNew Latitude 5290 2…

Azureで構築する超高速「WordPress」実行環境、月間3000万PVでも安定稼働の理由

Webサイトには、「高速」「セキュリティ」「スマホ対応」という3大要件が欠かせない。WordPress実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストを実現する超高速…

導入シミュレーション:150〜200台のVDI環境、HCI移行時の疑問を解く

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入する企業が増えている。しかしリソースの限られる情報システム部門にとっては、疑問点は事前に解決しておきたい。HCIのサ…

【4Kモニターが当たる】会社支給PCへの不満に関するアンケート

会社支給PCへの不満に関するアンケートのご協力のお願いです。アンケートに回答いただいた方の中から抽選で1名様にDell 27インチ 4Kモニター、10名様に50…

2大オールフラッシュ検証:ワークロード同時処理に強い製品は?

データセンターのサイロ化を解消するには、1つのソリューションで複数のワークロードを実行できる環境が不可欠。その実現には、パフォーマンスを損なうことなく、複数のジ…

産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは?

従来の3DCGの2倍以上の処理能力が必要となるAR/VRコンテンツを制作するには、高度な処理能力を備えた最新ワークステーションの導入が不可欠。作業効率の向上と制…

Office 365はそのままでは危険? モバイルでSaaSを安全・快適に使う方法

モバイルの普及で働き方の多様化が進む一方で、ワークスペースの分散によりセキュリティ面での課題も増加している。あらゆるデバイスにセキュアな業務環境を提供しつつ、ユ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033034


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ