AWSやAzureへの最適な移行方法は? 代表的な5つのアプローチを徹底比較

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/09/13


三井情報

AWSやAzureへの最適な移行方法は? 代表的な5つのアプローチを徹底比較
オンプレミスやプライベートクラウドで運用してきたサーバをクラウドへ移行しようと考えている企業は多い。そこで、代表的な5つの移行方法について、AWSやAzureなどのクラウド環境へスムーズに移行するためのポイントを探る。

 オンプレミスで運用してきたサーバを「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」などのクラウド環境に移行するケース、あるいは他のクラウドから移行するケース、いずれの場合でもデータとアプリケーションの移行には幾つかの課題が伴う。

 また、ダウンタイムの最小化、移行期間の短縮、コストの抑制などのポイントのどれを重視するのかによっても、移行に最適なアプローチは異なる。そのため、クラウドへの移行を成功させるためには、システムの種類や規模、企業規模などに合わせて移行方法を選ぶ必要がある。

 そこで、本コンテンツでは「再インストールと再構築」「クラウドオーケストレーション」「エミュレーション」「単純移行」「ライブマイグレーション」の5つのアプローチについて、それぞれのメリットとデメリットを紹介する。AWSやAzureへの移行をスムーズに行う上で最適な方法とはどのようなものか、詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 三井情報株式会社


掲載企業 三井情報株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033031


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ