費用対効果はVDIの10倍 ランサムウェア対策としての「データレスPC」

掲載日:2017/10/13


横河レンタ・リース

費用対効果はVDIの10倍 ランサムウェア対策としての「データレスPC」
企業を標的にしたランサムウェア攻撃の増加により、エンドユーザー任せにしていた脆弱性対策が見直されつつある。その解決策として注目されているのが、一元的なバックアップと、VDIの10倍の費用対効果というデータレスPC環境だ。

 これまでは個人を狙った攻撃に使われることが多かったランサムウェア。近年は、攻撃対象が個人から企業へと移り始めているだけでなく、身代金を払ってもファイルを復元できないケースなど、より悪質なケースも報告されるようになった。

 このような状況となっても、まだ多くの企業がウイルス対策ソフトやOfficeソフトなどのアップデートをエンドユーザー任せにしているのは、クライアントPCの管理がIT部門にとって大きな負担となるからだ。そこで、ローカルディスクにデータを置かない「データレスPC」というアプローチが今注目されている。

 基本的な概念はVDIに似ているが、クライアントPC上で処理を行い、その結果のみをファイルサーバに保存する点が大きく異なる。この仕組みにより、一元的なバックアップと、VDIの10倍の費用対効果が実現できるという。本コンテンツは、データレスPC環境を活用したランサムウェア対策の仕組みとメリットをさらに詳しく解説する。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 横河レンタ・リース株式会社


掲載企業 横河レンタ・リース株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10033012


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ