高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは

掲載日:2017/10/13


クエスト・ソフトウェア

高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは
現代のビジネスにおいて業務に活用するデータ量は増加しており、膨大なデータを保護するためのバックアップインフラ構築は全ての企業にとって喫緊の課題だ。コストをかけず高速なバックアップを実現するために必要なものとは?

 ITの進化やIoTの普及などにより、クラウド上に蓄積されるデータは大幅に増大している。モバイルデバイスやIoT機器などから生み出される膨大なデータには、企業が展開するビジネスにおいて有効活用できるものも多く、企業のデータベースに保存されるデータも日々膨れあがっているのが現状だ。

 現代の企業のインフラ管理者は、これらの膨大なデータを保護しながら、24時間365日いつでも快適にアクセスできるバックアップインフラを構築しなければならない。BCP対策としてクラウドを利用したバックアップが求められるケースも多く、高速かつ安定したバックアップ環境が必須となる。とはいえ、インフラ構築にかけるコストはできるだけ抑えたいのがほとんどの企業の本音だろう。

 そこで、本コンテンツでは、導入・運用コストの削減、バックアップ時間の短縮、クラウドの有効活用など、バックアップインフラ管理者を悩ませる問題を解決するための方法を解説。最先端の重複排除技術を使ったバックアップを、コストをかけずに実現するソリューションを紹介する。企業内データのバックアップに課題を抱えるIT担当者は、ぜひ確認してもらいたい。






以下のアンケートにご回答いただき、資料をダウンロードして下さい。
1.入力

アンケート


parts_dotline_648.gif

参考情報として下記の質問にお答え下さい。

(1) このコンテンツに関連する製品/サービスについて、あなたの立場を1つお選びください。*
(2) このコンテンツの閲覧目的を1つお選びください。*
(3) このコンテンツに関連する製品/サービスの自社または顧客への導入予定時期を1つお選びください。*
(4) このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予算について、あてはまるものを1つお選びください。*





製品・サービスの取扱い企業 クエスト・ソフトウェア株式会社


掲載企業 クエスト・ソフトウェア株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10032630


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ