自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用

IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 開発 > システムインテグレーション > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/07/28


日本電気|NECソリューションイノベータ|NECネクサソリューションズ|NECプラットフォームズ

自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用
さまざまな企業でAIの取り組みが始まっているが、実際に成果を出している企業は多くない。AIを活用することにより、業務の効率化、コスト削減、顧客満足度の向上、などの成果を挙げている事例を紹介し、その成功のポイントを探る。

 AIを業務で活用する取り組みは、行政から交通機関、製造業から流通、医療、教育機関まで及んでいる。それぞれの業種では既にAIを導入した効果も報告されており、銀行の研究機関では分析工数を60%削減した他、製造ラインでは画像データ解析による検品工程の省人化、生産機器の高精度な故障予兆などで成果を挙げている。 

 ただし、全ての事例で高い成果が期待できるわけではない。収集したデータから高い精度の分析結果を得るにはノウハウの蓄積が必要だ。そのため、AI活用を検討するユーザー企業は豊富なノウハウを持つベンダーに機械学習の適用可能性を検証してもらうのが望ましい。 

 本コンテンツでは、AIを活用して成功を出している事例からAIのビジネス活用における、効率的なアプローチ、成功へのポイントを探る。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本電気株式会社 NECソリューションイノベータ株式会社 NECネクサソリューションズ株式会社 NECプラットフォームズ株式会社


掲載企業 日本電気株式会社 NECソリューションイノベータ株式会社 NECネクサソリューションズ株式会社 NECプラットフォームズ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


Skype for Business×ビデオ会議で効率的なコラボレーションを実現

ビデオ会議を活用したコミュニケーションの活性化が注目されている。Skype for Businessとそれに最適化されたビデオ会議システムを利用すると、さまざま…

現地任せは禁物、海外拠点のガバナンス向上に欠かせない3つの機能とは?

日本企業が海外進出する目的は、製造拠点の移管から現地市場の獲得へと変わりつつある。それにより日本からは現地経営状況やITセキュリティがブラックボックス化するケー…

電子契約で「印紙税」は不要となる? 法的観点から見るコスト削減のポイント

電子契約のメリットの1つに、「印紙税」が不課税となることによるコスト削減が挙げられる。だがそもそもなぜ、印紙税を納めなくていいのだろうか。導入前にその仕組みを理…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10032522


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ