物理検証施設「PIC(プリ・インテグレーションセンター)」

掲載日: 2017/07/18

サーバー/ストレージ/ネットワーク製品の出荷・設置前に… ストレスフルな客先(アウェイ)での構築作業を最小限に

 サーバーやストレージ、ネットワーク製品などの機器は、顧客のデータセンターなどに出荷・納品して現場で組み立て、設置作業するのが一般的。しかし、客先での作業は何かと制約が多い上に、無言のプレッシャーもかかり気苦労が多い。思わぬトラブルも起こりがちだ。例えば、次のような経験はないだろうか?

 Case 1・2は、先方の運用ポリシー等に左右されるので仕方ないことではある。だからこそ、客先での作業はできるだけ短時間で終わらせたいところ。一方、Case 3・4は、出荷前に実機検証しておけば「ほぼ防げたであろうトラブル」だ。実機検証を行うことで現場での作業もスムーズになるので、Case 1・2のようなシーンでのプレッシャーもかなり和らげられるはず。

 しかし実際には、ラッキング/ケーブリングなど物理的な検証も含めた実機検証を行えるスペースを確保しているSIerは非常に少ない。結局、客先での“ぶっつけ本番”にせざるを得ないのが実情だ。

このページの先頭へ

 ソリューションディストリビューターのネットワールドでは、上記のような課題に悩むパートナーを支援するために、顧客に導入する機器を出荷前に検証・構築できる施設として「プリ・インテグレーションセンター(以下PIC)」を用意している。
 PIC内には、フルラックに電源設備をはじめ、作業台や会議スペースなども設置。パートナーはネットワールドから購入した機器を客先出荷前にPICに持ち込み、キッティングはもちろん、ラッキング/ケーブリングなどの物理検証や実機での動作検証を行える。

 何より最大のメリットは、顧客データセンター内のように急かされることのない環境で、事前に構築・設置作業をじっくり「リハーサル」できることだろう。これにより、納品現場での作業もスムーズかつ最小限の時間に抑えられる。納品時とほぼ同じ状態に構築した上で動作検証を行うことで、論理検証では発見されなかったエラーや初期不良の検出にも有効だ。

ネットワールドから購入した機器であれば、PICは無料で利用できる。予約した期間内は自社の施設のように心置きなく作業可能だ。


東京メトロ神保町駅から徒歩5分、同・九段下駅やJR水道橋駅も徒歩圏内で、自社や客先からの移動に便利。街中にあるので、ランチや仕事帰りの一杯にも困らない!


電源ケーブルやLANケーブルはもちろん、持ち歩くとなると重くて大変なドライバー、スパナ、レンチなどの工具類も用意されている。


施設利用だけでなく、導入支援サービスとして技術サポートを受けることもできる(※有償サービス)。PICはネットワールド本社からも徒歩7分ほど…ということは、タイミングが合えば当日の急なSOSにも対応可能!


SSL-VPNによるリモートアクセス環境も提供。PICでいったんラッキングしてネットワークの設定をしておけば、動作検証などは自社からでも行える。


 ネットワールドでは、同社取扱い製品の論理検証に利用できる複合システム検証センター「GARAGE」を本社内に設置している。顧客への提案段階ではGARAGEで導入候補製品の論理検証〜製品決定・購入後は出荷前にPICで物理検証といったように、両施設を連携して活用することで、より的確かつ迅速なシステム導入が可能となる。


このページの先頭へ

 実は、PICはこの1年ほど利用率が100%…つまり予約いっぱいで「空きなし」の状態が続いていた。そこでネットワールドでは、パートナーからの要望に応えてPICの増床を実施。それが完了し、いよいよこの8月に待望のリニューアルオープンを迎える運びとなったのだ!

 リニューアル後のPICは、スペース全体で約2.5倍、常設のフルラックも12本から24本へと大幅に拡張。ハンズオンセミナールームや「働き方改革ブリーフィングセンター」と名付けられたコラボレーションツールの実機デモスペースなども併設されている。

 ネットワールドでは本年8月1日にPICの内覧会を実施。その後も適宜、見学ツアーなどを開催予定とのこと。興味のある方は、下記よりPICの詳細をチェックしてみては?

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「物理検証施設「PIC(プリ・インテグレーションセンター)」/アウェイ(客先)での構築作業を最小限にする★無料★物理検証施設」 (全文)では、「物理検証施設「PIC(プリ・インテグレーションセンター)」」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「物理検証施設「PIC(プリ・インテグレーションセンター)」」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業  株式会社ネットワールド

掲載企業  株式会社ネットワールド

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


ハイパーコンバージド、導入するならネットワークを見直そう

ビジネス要件への迅速な対応に不可欠な、変幻自在なITインフラ構築でハイパーコンバージドインフラが救世主となるのはなぜか?また忘れてはならない“隠れキャラ”とは?

クラウドとオンプレミスの“いいとこ取り”、すぐに手が届く次世代型インフラ

拡張性の高いパブリッククラウドと、安全性の高いオンプレミス。その両方のメリットを享受できるハイブリッドサービスが登場した。その仕組みや導入効果をWebキャストで…

「クラウドありき」から発想を転換、TCOがクラウドの50%以下というIT基盤とは

写真プリントショップを全国展開するプラザクリエイトは、IT基盤の刷新にあたり、パブリッククラウドではなく、ハイパーコンバージドインフラを導入した。この選択により…

“仮想ファイアウォール(vFW)”定義と機能、説明できる?

インテルが世界の通信事業者やプロバイダー各社と連携して取り組む「ネットワークサービスベンチマーク(NSB)構想」。その中で重要な役割を担う「仮想ファイアウォール…

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査

製造業はIoTに前向きな企業が多い業種の1つだ。では実際にどのような状況で、今後はどのように展開されていくのか。また、競合の動向が気になる企業も多いだろう。業界…

データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか

近年、データセンターに対して、仮想化やバックアップ/レプリケーションなどの投資が積極的に行われている。それにもかかわらず、システムの可用性は年々下がっているとい…

「学内は安全ではない」認証系をデータセンターへ――災害対策もできたワケ

メールをキーに統合認証システムを運用していた桜美林学園では、システムの安定稼働やセキュリティ強化などを目的に、クラウド利用を決定。データ管理が専門のデータセンタ…

情報流出はなぜ起きる?シミュレーションで学ぶ、被害を抑えるインシデント対応

インシデントレスポンスは具体的にどのように進むのか。成否を分けるポイントはどこにあるのか。仮想事例によるシミュレーションを通じて、これらを明らかにする。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10032311


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ