IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > プライベートクラウド > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/06/05


インテル

OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
BMW Groupはビジネス速度向上のため、OpenStackなどを利用してソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャを構築しプライベートクラウドを拡張した。事例を踏まえOpenStackを導入する際のポイントやメリットなどを詳しく紹介する。

 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境には、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必要となることなどを課題としていた。

 そこで、ビジネス速度を向上させるため、同グループは、OpenStackとインテルベースのハードウェアに基づいたソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャ(SDI)の導入を決定。従来のITインフラに付属する形でOpenStackの導入環境を構築した。

 稼働開始以降、多くの社内開発者がプロジェクトを開始するなど、OpenStack環境への関心も急速に高まっているという。本コンテンツでは、DNSの統合や知的財産の管理など、OpenStackの導入における重要ポイントなどを詳しく見ていく。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 インテル株式会社


掲載企業 インテル株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10032060


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ