Vormetric暗号化/トークナイゼーション


タレスジャパン

Keyノート

  • 基本情報
  • Vormetric暗号化/トークナイゼーションの特長
  • Vormetric暗号化/トークナイゼーションのスペック
  • Vormetric暗号化/トークナイゼーションの資料ダウンロード
  • Vormetric暗号化/トークナイゼーションの問い合わせ・相談

Vormetric暗号化/トークナイゼーション

掲載日:2017/04/19

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
機密情報の管理を堅固に行いたい企業。
カード情報やマイナンバーなどのデータを、コストをかけずに適切に管理したい企業。
製品形態 ソリューション・その他
サービス
概要
ファイルサーバ・データベース・クラウドといった環境における機密情報の暗号化/トークン化ソリューション。情報漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上する。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


暗号化

機密データの漏えいを防ぎ、企業の情報セキュリティを向上


鍵管理ソリューション DSM(Data Security Manager)
鍵の作成・管理を行うソリューション。鍵はDSM上で作成されDSM内部に保管される。鍵の内部を見ることはDSM管理者であっても不可能。
2台から8台までのHA構成によって鍵は同期され、各DSM内に保管。Primary DSMの障害時はSlave DSM内の鍵が使用される。また、鍵を含むDSMの設定ファイルを外部のサーバへ定期バックアップ。
鍵を保管するサーバやフォルダへのアクセスはログとして記録可能なので、万が一の場合も追跡が容易となる。

透過暗号を利用した高速のファイルサーバ暗号化
高速の暗号化技術である透過暗号を採用。ファイル読み書きの際は、透過暗号エージェント(VTE)が暗号化/復号を行うため、ユーザーに暗号化/復号されていることを意識させない。これにより、従来の暗号化利用のボトルネックであった煩雑さを解消。

トークナイゼーションによるデータベースの情報漏えい対策 VTS(Vormetric Tokenization Server)
トークナイゼーション(トークン化)とは、データが盗まれたり偶発的に流出した場合にでも、他者がデータを読み取りできないよう、データを代理の形のデータ(トークン)に変換するデータ保護手法。
本ソリューションでは、データベース内のカード情報や機密データをトークン化することが可能。ユーザーに応じてデトークン時のデータ形式を制御できる。
既存データベースのカラム改修を行う必要ない、既存システムへの組み込みがカラム暗号と比較して容易、といった技術面でのメリットを有する。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) Vormetric暗号化/トークナイゼーション
サービス提供会社 Thales e-security
サービスメニュー(提供可能な製品群) 【 暗号化/トークナイゼーション 】
・ファイルサーバ暗号
・データベース暗号
・クラウドストレージ暗号
・トークナイゼーション

【 鍵管理 】
・DSM(仮想版)
・DSM(ハード)FIPS Level2
・DSM(ハード)FIPS Level3
動作環境 -
オプションサービス -
その他特記事項 -
製品サイトURL:http://www.vormetric.com

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Vormetric製品概要(2.0MB)

Vormetric製品によるファイルサーバ、データベースの暗号化、トークナイゼーションについての概要を紹介。Vormetric DSMを用いた暗号鍵の一元管理についても詳しく解説。
■Vormetric-トークナイゼーション概要(2.2MB)

仕組みやメリット、VTSの特長などをより詳しく紹介。ボルトレストークナイゼーションの仕組みや、Vormetric DSMとの連携によるPCI DSSへの適用等についても解説。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


タレスジャパン株式会社
部署名:e-Security事業部
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー8F
TEL:03-6234-8100
FAX:03-6234-8181
e-mail:jpnsales@thales-esecunity.com
URL:http://jp.thales-esecurity.com/


掲載企業


タレスジャパン株式会社
部署名:e-Security事業部
住所:〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー8F
TEL:03-6234-8100
FAX:03-6234-8181
e-mail:jpnsales@thales-esecunity.com
URL:http://jp.thales-esecurity.com/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10031521


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ