慶應義塾はなぜDNSサーバをクラウド化したのか?

IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワーク機器 > WAN高速化 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/02/08


アカマイ・テクノロジーズ

慶應義塾はなぜDNSサーバをクラウド化したのか?
世界レベルの教育研究で知られる慶應義塾では、システムインフラの多くを仮想化している。しかし、古典的なDNSサーバ構成が足かせとなり、課題を抱えていた。そんな同塾がノンストップ運用を実現するために選んだ方法とは。

 日本で最も長い歴史を持つ総合学塾としてだけではなく、世界レベルの教育研究を行うトップ大学としても知られる慶應義塾。同塾では、仮想化やクラウドなどの技術を活用して各種基盤システムやサーバの可用性向上に取り組んでいる。

 特にシステムのインフラについては、その多くを仮想化してノンストップの運用を行ってきた。しかし、古典的なDNSサーバ構成での運用となっていたことが可用性の面で足かせとなっていたことから、同塾は東日本大震災を契機にDNSサーバの刷新を決断した。

 そこで、ノンストップ運用を実現する方法として選んだのがDNSのクラウド化だ。二要素認証に対応したサービスを導入することで、セキュリティ面を強化。さらに、分かりやすいインタフェースにより誰もが簡単にオペレーションできるようになったという。同塾はどのようにしてDNSのクラウド移行を成功させたのか。さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 アカマイ・テクノロジーズ合同会社


掲載企業 アカマイ・テクノロジーズ合同会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030847


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > WAN高速化 > WAN高速化の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ