グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術

掲載日:2017/03/21

グローバルの設備も一元管理、
次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術

 
 かつて日本の高度成長期を支えた「ニッポンのモノづくり産業」が、今大きな曲がり角に差し掛かっている。少子超高齢社会に突入した日本は、今後、モノの作り手も買い手も減っていく一方だ。そんな中、製造企業が成長を続けていくためには、海外の労働力を活用したり、海外市場に自ら打って出たりするしかない。自ずと、これまで日本人同士では通用していた「あうんの呼吸」の仕事の進め方や、「先輩の背中を見て仕事を覚える」ようなスキル伝承のスタイルは、もはや通用しなくなってくる。

 IoT(モノのインターネット)時代の到来も、モノづくりの在り方に大きなインパクトを及ぼそうとしている。ドイツや米国をはじめ、海外各国はIoT技術をフル活用した「スマートファクトリー」への取り組みが既に本格的に始まっている。日本でも負けじとIoTを活用した新たなモノづくりへの取り組みが立ち上がりつつある。

 こうした新たな潮流に乗り遅れまいと、各企業とも次世代のモノづくりに積極的に取り組み始めているが、そんな中あらためてクローズアップされているのが設備保全の重要性だ。生産設備をはじめとした各設備資産の管理・保全は、モノづくり企業の生命線ともいえる活動だ。にもかかわらず多くの日本企業では、これまで「ベテラン保全員の経験と勘」や「どんぶり勘定のコスト管理」に頼っていたのが実情だ。こうした状況にメスを入れ、次世代のモノづくりを実現するにはどうすればいいのだろうか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術/グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術」 (全文)では、「グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「グローバルの設備も一元管理、次世代のモノづくりを後押しする設備管理・保全術」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】
ERP ERP ERP
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 インフォアジャパン株式会社


掲載企業 インフォアジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

電子メールを通じたサイバー攻撃は依然として増え続けている。サンドボックスを識別して疑わしい挙動を見せないものや、悪質なリンクを潜ませるものなど、攻撃の巧妙さも増…

リソースの使用率を最大限まで高める インフラを柔軟に構成する仕組み

多様なデータ分析を支援するために、インフラ運用はオーバープロビジョニングと容量をより多く確保する形で進んできたが、リソース使用率の低下が課題である。近年ではリソ…

なぜわざわざ「次世代インフラ」に移行するのか? 知っておくべき10個の理由

俊敏性よりも安定性を重視した従来型インフラが、今、アプリケーションやサービスの開発現場で足かせとなりつつある。そこで、モバイル、ソーシャル、クラウドに向けた開発…

ICTだけでは不十分、デジタルマーケティングがうまくいかない理由

顧客情報が共有できていないために、せっかくのデジタルマーケティングが有効に機能しないケースがある。クレームを寄せている顧客に型通りのビジネスメールを送って、火に…

データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋

サーバ仮想化、ネットワーク仮想化に続いて、データ仮想化が注目されている。増大するデータ量を大幅に削減し、ITコストの抑制に加え、バックアップやDRの改善、開発テ…

事例で学ぶクラウド選び――サービス選定の意外なポイントは通信にあった!

2016年8月に登場した移動式の留守番カメラ「ilbo(イルボ)」。開発元のエクストランは、映像通信コストの軽減と安定したサービス提供のために、これまで選択肢に…

クラウドなのにオンプレミスのような利便性 丸ごと1台専有サーバの魅力とは

合成樹脂事業を手掛けるプライムポリマーは、データ保管の課題を解消するため、サーバのリプレイス時にシステムの容量増加や性能強化を図った。ストレージ専有サービスに移…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ 印刷用ページへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030790


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ