約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/02/03
更新日:2017/03/03


arcserve Japan

たった3人の運用管理者で45台のサーバを1日で移行 霧島酒造バックアップ事例
芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造は、クラウドや本社サーバ室で稼働する約45台のサーバのBCP運用コストに頭を悩ませていた。そこで、バックアップ製品を導入した同社は、ある興味深い方法で仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した。

 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。

 芋焼酎「霧島」で知られる霧島酒造もこのような課題に直面した企業の1つだ。同社は、それまで約45台のサーバシステムをクラウドサービスや本社サーバ室で稼働していたが、コスト負担が重くなったことから、3人の運用管理者だけでも事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策を効率的に実現する方法を模索していた。

 そこで注目したのが、サーバ調達の手間やメモリ・SSDなどのサイジングが不要なバックアップ専用アプライアンスだ。同社はこの製品の「ベアメタル復旧」機能を活用して、約45台のサーバをデータセンターの仮想化基盤に「リカバリー」してサーバ移行の手間と時間を大幅に軽減したという。この成功の鍵となった製品選びや機能の応用法について、さらに詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 arcserve Japan合同会社


掲載企業 arcserve Japan合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


システムの目的別に解説するサーバセキュリティ実装のポイント

システム移行において新たにサーバ環境を構築する際、注意すべき点はセキュリティだ。ではセキュリティ機能の実装に当たっては、どのような点を考慮すべきだろうか。移行の…

グローバル共通の情報共有基盤で実現、資生堂の働き方・コミュニケーション改革

社内外での情報共有基盤として多くの企業が導入しているクラウド型コンテンツ管理ツール。社員1万人に導入し、働き方改革を実現した資生堂の事例から、組織や地域を超えた…

オールフラッシュストレージ選定、費用対効果を最大化する方法は

フラッシュとHDDを併用する「ハイブリッド型」が注目されたのは過去の話。今やフラッシュ性能を最大に生かすオールフラッシュ時代へと突入した。製品選択の勘所を解説す…

産業向けのAR/VRコンテンツでビジネスを展開するために必要なものとは?

従来の3DCGの2倍以上の処理能力が必要となるAR/VRコンテンツを制作するには、高度な処理能力を備えた最新ワークステーションの導入が不可欠。作業効率の向上と制…

HCIからSDDCへ――次世代インフラへの移行計画の考え方

新たなITインフラの構築手段として採用が進む「HCI」。ただしHCIを“ゴール”だと捉えるのは早計だという。その理由とは何か。HCIの先には、何があるのか。

Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド

Oracle Database運用管理者向けに、SQL Serverの構成および運用管理の基礎(セットアップ、稼働状況確認、バックアップ、メンテナンスと自動化、…

現場の教師や識者が語る、教育業界のICT化&セキュリティのいま

2016年のある調査によると、教育、学習支援業のインシデント発生が全業種の中でトップだったという。攻撃の対象となった教育業界のICT化の現状とセキュリティについ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030749


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ