PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」


PMBOK準拠プロジェクト管理
「SI Object Browser PM」


システムインテグレータ

Keyノート

  • 基本情報
  • PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」の特長
  • PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」のスペック
  • PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」の資料ダウンロード
  • PMBOK準拠プロジェクト管理 「SI Object Browser PM」の問い合わせ・相談

PMBOK準拠プロジェクト管理<br>「SI Object Browser PM」

掲載日:2016/12/31
更新日:2017/09/15

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ソフトウェア開発、システムインテグレータ、コンサルティングの他、エンジニアリング、製造業などプロジェクト業務を行う企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ●PMBOKに準拠しプロジェクト管理の成功を支援。
●プロジェクト管理の標準化、見える化を実現。失敗プロジェクトをなくす。
●8年で140社以上の導入実績。
価格情報 シリーズにより費用が異なります。詳細は弊社製品HPを参照ください。
価格とライセンス:https://products.sint.co.jp/obpm/price
サポートエリア 全国


特長


脱EXCEL

統合型プロジェクト管理ツールで見える化、標準化!


「SI Object Browser PM」は、「PMBOK」をベースとする統合型プロジェクト管理システム。
進捗、原価、品質、要員、課題、リスクなどをまとめて管理する。

多くの企業がEXCELでバラバラに管理しているプロジェクトを、統合システムで一元管理。
組織全体のプロジェクトを見える化し、失敗プロジェクトをなくすルール・仕組を構築する。

■プロジェクトを見える化!
「今、何のプロジェクトが動いているか」「遅れ、コスト超過のプロジェクトはないか」「部門の収支、要員の空き状況は?」 といった進捗、EVM、収支、アサイン状況などの現在の状況をいつでも正確に把握することができる。
 
■プロジェクトの標準化!
「進捗管理のやり方が人によってばらばら」「レビューでは何をチェックすればよい?」などの課題に対し、WBSやレビュー、見積基準のドメイン(テンプレート)を利用し作業の抜け漏れをなくし、ツールで組織のプロジェクト管理のルールを定着させる。

■立場、役割ごとのプロジェクトの把握
経営層やPMOは全社、部門長は自部門、PM/PL、メンバーは担当PJとそれぞれの立場でプロジェクトの現状を把握することが可能。

■PMの管理負荷軽減
「報告資料の作成に時間がかかる」「各メンバーの進捗把握が大変」「課題、質問、TODO、障害、、、チーム内の情報共有がうまくいかない」といったPMの抱える問題を、スケジュールや課題をチーム内で共有することで解決。PMの状況把握、資料作成の負荷を軽減。

■バージョンアップによる機能強化
年間1、2回の製品バージョンアップを実施。ロードマップよる機追加改修に加えて、顧客カスタマイズ開発の標準取込によりプロジェクト管理機能を強化している。

■プロジェクト管理シリーズの展開
システム開発・ソフトウェア開発のみならず、エンジニアリング業界、製造業、手軽に利用できるライト版など業種や用途にあったプロジェクト管理ツールを提供。


▲クリックで拡大

+拡大 ▲クリックで拡大
このページの先頭へ

スペック

製品名 SI Object Browser PM
メーカー システムインテグレータ
クライアント側OS Windows Vista/7/8/8.1/10
クライアント側対応プロセッサ 1GHz Pentium 以上のプロセッサ(推奨)
クライアント側必要メモリ容量 1024MB以上(推奨)
クライアント側必要ディスク容量 512MB 以上の空き容量
クライアント側その他動作環境 ディスプレイ解像度:1024 x 768ピクセル以上High Color 32 ビット以上の解像度
開発言語/環境:.NET Framework3.5、C# NET(MS-VS2008)
帳票ツール:ActiveReports
サーバ側OS アプリケーションサーバ:
Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016
データベースサーバ:
Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016
対応RDBMS:Microsoft SQL Server 2008/ 2008 R2/2012/2014/2016
サーバ側対応プロセッサ 1.4GHz Pentium 以上のプロセッサ(推奨)
サーバ側必要メモリ容量 2048MB以上(推奨)
サーバ側必要ディスク容量 2048MB以上の空き容量
サーバ側その他動作環境 データ通信方式:アプリケーション通信、IIS6.0/IIS7.0
その他特記事項 リッチクライアント型アプリケーション
製品サイトURL:http://www.sint.co.jp/products/obpm/

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■「SI Object Browser PM」ご紹介資料(2.3MB)

プロジェクト管理の見える化、標準化を実現。OBPMだから実現する、高度なプロジェクト管理機能を分かりやすく紹介します。
■プロジェクト管理ツールを断念する5つの理由(781KB)

実際に「SI Object Browser PM」の導入を検討した企業が直面している共通した課題や問題点、またその克服方法について分かりやすくご説明します。
■「SI Object Browser PM ライト版 IT向け」ご紹介資料(2.1MB)

進捗管理・要員管理・工数管理をベースとしたプロジェクト管理機能を分かりやすく紹介します。
■パッケージソフト開発のプロジェクト管理の成功事例(997KB)

法改正・パッケージソフト開発のプロジェクトの健康状態を把握。計画通りにリリースする、予定通りの工数で開発するためのしくみ作りができた取り組みをご紹介します。
■経営指標の見える化は、プロジェクトから集めて、見る(1008KB)

経営と現場、双方の視点でプロジェクトを監し指標(KGI・KPI)から迅速な組織的アション取ることを実現。PMBOKを取り入れて現場の育成と力量の向上。
■エンドユーザ/情報システム部門のプロジェクト管理の成功事例(1.1MB)

プロではないエンドユーザでも、最適なプロジェクト管理ができた。問題プロジェクトが減りリードタイムが短縮。組織が数字で語れるようになった。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


株式会社システムインテグレータ
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-1-10インテックス恵比寿4階
TEL:03-5768-7695
FAX:03-5768-7884
e-mail:obpm@sint.co.jp
URL:http://www.sint.co.jp/


掲載企業


株式会社システムインテグレータ
住所:埼玉県さいたま市中央区新都心11番地2 ランド・アクシス・タワー32階
TEL:048-600-3880
FAX:048-600-3676
e-mail:obpm@sint.co.jp
URL:http://www.sint.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030499


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > プロジェクト管理 > プロジェクト管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ