Create!Webフロー


インフォテック

Keyノート

  • 基本情報
  • Create!Webフローの特長
  • Create!Webフローのスペック
  • Create!Webフローの資料ダウンロード
  • Create!Webフローの問い合わせ・相談

Create!Webフロー

掲載日:2016/12/25
更新日:2017/09/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
紙での申請/決裁業務を忠実に実現でき、時間やコストをかけずに申請業務フローを電子化したい企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。
価格情報 ※参考
50ユーザ(1サーバ)標準価格60万円(税別)
サポートエリア 全国


特長


申請/決裁

申請業務の運用課題を改善するドキュメントワークフロー


Create!Webフローは、紙による申請/決裁業務を忠実に再現し、誰もが簡単に違和感なく始められるワークフローシステム。内部統制強化やコンプライアンスの高まりにより求められる「承認手続きのシステム化」や「ペーパーレスの促進」などの業務改善課題を解決。

【1.みえる運用・みえる管理】
■ ルートも進捗状況もビジュアルに表示

使いはじめのわかりやすさ、使い慣れてからの利便性、直感的な操作、GUIを重視
・操作画面:直感的に操作ができる分かりやすい画面
・ルート  :分かりやすいフォームと画面で操作も状況もよくみえる
       申請、承認の運用時に設定したルート図を表示して今の状況がみえる
・運用結果:運用した結果を集計して業務の履歴や詳細、更には効率、改善点がみえてくる

【2.マウス操作でかんたん操作・かんたんメンテナンス】
■ かんたん操作

・紙に入力するイメージで申請書を簡単に作成できる
・メールソフトのような画面で、直感的に申請・承認できる
・iPhone / iPad / Android端末のスマホやタブレットに対応

■ 組織変更、人事異動はドラッグ&ドロップで誰でもかんたん設定

・組織の変更、人事異動はドラッグ&ドロップで設定。特別な知識や操作が不要
・承認ルートの設定も申請者、承認者、決裁者をラインでつなぐのみ
・ExcelやWord、PDFを取り込んで、入力フォームを作成できる

【3.つながるシステム連携】
基幹業務で必要となるデータやドキュメントの承認/確認処理をCreate!Webフローのシステム連携機能が実現

・基幹システムから自動で承認依頼を送信するシームレスな連携を実現
・グループウェアや文書管理システムなど他システムとの連携で日常業務を効率化

>> Create!Webフロー製品ホームページはこちら




このページの先頭へ

スペック

製品名 Create!Webフロー
メーカー インフォテック
クライアント側OS ■Mac
Mac OS X
■iPhone / iPad
iOS 5-10
■Android
OS:Android2.3、4、5
クライアント側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(R) III以上
クライアント側必要メモリ容量 256MB以上
クライアント側必要ディスク容量 90MB以上
※Adobe Readerの制限に準拠
クライアント側その他動作環境 【ブラウザ】
■Windows
 Internet Explorer 8-11(32bit)
 Mozilla Firefox (32bit)
 Google Chrome
■Mac
 Safari 5.1 / 6.0
■iPhone / iPad
 Safari
■Android
 標準ブラウザ
サーバ側OS Windows Server 2008、2008 R2、2012、2012 R2
Red Hat Enterprise Linux 4、5、6
Amazon Linux
サーバ側対応プロセッサ Intel(R) Pentium(R) 4以上
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 インストール時に必要なHDD容量(一時領域を含む):330MB
運用時に必要なHDD容量:100[申請/月]の場合、年間3GB以上。

※実際にご利用される帳票数、申請頻度などによって変わるため、別途ご相談下さい。
サーバ側その他動作環境 Webアプリケーションサーバ Tomcat 6.0、8.0
DB PostgreSQL 8.3、9.2
Oracle 10g、10g R2、11g、11g R2、12c
SQL Server 2008、2008 R2、2012、2014、2016
JDK 1.6.0、1.8.0
その他特記事項 クライアント環境
【PDF Viewer】
 ■Windows
 Adobe Reader9-11
 Adobe Acrobat Reader DC
 ■Mac
 Adobe Reader10-11

開発環境
ワークフロー構築ツール: Create!WebフローDesigner の動作環境は以下のとおりです。
 ■OS
 Windows XP SP3、Vista、7、8、8.1、10
 Windows Server 2008、2008 R2、2012、2012R2
 ■実行環境
 .NET Framework 3.5
 ■解像度
 1024×768以上

最新の動作環境は製品ホームページをご確認下さい。
■Create!Webフロー 動作環境
https://www.createwebflow.jp/requirement/
製品サイトURL:https://www.createwebflow.jp/

この製品を比較表に追加

価格情報


※参考
50ユーザ(1サーバ)標準価格60万円(税別)


補足説明
*年間サポート料金は製品標準価格の15%/年です。初年度は加入が必須となります。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Create!Webフロー製品資料(4.3MB)

Create!webフローの機能、特徴が一目で分かる製品カタログです。
■Create!Webフロー資料『紙の運用に課題を感じていませんか?』(2.9MB)

Create!Webフローの導入効果を1枚のリーフレットにしました。
■Create!Webフローシステム連携ワークフローソリューション(1.3MB)

業務システム連携やパッケージ連携を図でわかりやすく説明した資料。
■北里研究所:決裁日数が半分に。効果はコンプライアンス強化にも(731KB)

電子決裁の導入効果は、事務作業の効率化や決裁期間の短縮だけに止まりません。現場力の向上やコンプライアンスの強化にも波及しています。
■アサヒ飲料:4,000時間分のコスト削減(1.4MB)

これまで紙ベースで行っていた稟議書回覧をWebベースの「電子稟議システム」に移行し、意思決定のスピードを7日間短縮するなど大きな成果を上げています。
■藤久:460以上ある店舗のパート従業員でも簡単に使える(1.6MB)

運用がシンプルで、情シス担当に負荷がかからないか。試用版で実際に検証して、Create!Webフローの採用をきめました。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えてください。
(4) あなたの立場をお選びください。





製品・サービスの取扱い企業


インフォテック株式会社
部署名:Create!Webフロー担当
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル
TEL:03-3360-6720
FAX:03-3360-6759
e-mail:sales-cwf@iftc.co.jp
URL:https://www.createwebflow.jp/


掲載企業


インフォテック株式会社
部署名:Create!Webフロー担当
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビル
TEL:03-3360-6720
FAX:03-3360-6759
e-mail:sales-cwf@iftc.co.jp
URL:https://www.createwebflow.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030451


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ