オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは

掲載日:2017/03/21

オンラインでも法的有効性を担保、
「電子サイン」が導く次世代契約の形とは
契約のデジタルトランスフォーメーションとして、「電子サイン」がある。果たして法的有効性は担保されているのだろうか。また導入するメリットとして何があるのだろうか。
 私たちは、ビジネスでさまざまな「書類」を利用する。契約書や注文書、請求書、誓約書、念書など、実に多種多様な書面が用いられ、対象者は「確かに読んだ。内容に合意する」という意味で判を押す。
 多くの場面で、これらは「紙」でやりとりされてきた。それは、書面が手元に残る安心感があるからだ。しかし昨今は、この紙の文化が、迅速なビジネスの足を引っ張っているという論がある。クラウドサービスであれば1時間もしないうちに準備が整うのに、紙の書類をやりとりするのに何日もかかってしまうようでは、ビジネスチャンスを逃すというわけだ。
 そこで、電子的な書類に電子的な判をつく「電子サイン」の仕組みが注目されている。メールで書類をやりとりすれば、ほぼ一瞬で相手に届き、慌てて朱肉を探す必要もない。契約書でも、誓約書でも、瞬時に取り交わせる。
 しかし、電子書類や電子サインに不安を覚えるユーザーも少なくない。電子は信頼できるのだろうか、法的に問題はないのだろうか、印鑑は必要ないのだろうか。本稿では、弁護士の見解を基に、電子サインの法的有効性について詳しく解説する。

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは/オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは」 (全文)では、「オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「オンラインでも法的有効性を担保、「電子サイン」が導く次世代契約の形とは」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業  アドビ システムズ 株式会社

掲載企業  アドビ システムズ 株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


待望のBIだったはず。導入後、間もなくリプレースを検討…なぜ?

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

実は情シスの負担増を招く…「そんなの表計算ソフトでやってよ」

ほぼ全社員が扱える“Officeソフト”。特に表計算は会議で用いるデータの集計・分析にも大車輪の活躍。でも、今時の本格的な分析はさすがに無理が…。IT部門にしわ…

情シスを悩ませるアクセス権の管理◆手間なく乗り越える方法とは

人事異動のたびにアクセス権の設定・変更作業が集中し戦々恐々としている情シスも少なくないのでは?放置し続けると情報漏洩リスクが増大…そこで面倒なアクセス権の管理を…

職場管理の5SはやってもITは野放し!? ファイルサーバ管理編

意識的に改善を続けないと破綻しやすいファイルサーバの運用管理。実は、職場環境のおなじみのスローガン「5S」は、IT環境にも効果的だということをご存じですか。整理…

重宝してきたAccess…そろそろ、脱却しておかないとマズいかも?

Accessで作り込んできた業務システムがブラックボックス化し、誰も触れない…。Windows 10への移行を進める中で、社内Access資産の動作検証や対応が…

「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?

オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LAN アクセスポイントの選び方を紹介する本記…

“完全ペーパーレス”で仕事はかどる? 1週間「紙禁止」で無理やり働いてみた

仕事がいまいちはかどらないITmediaの新人記者・ヤマダ。無駄な作業が目立つ彼に、先輩記者(♀)が提案したのは「1週間の『紙』禁止」だった。果たしてその結果は…

e-文書法の改正で進む電子化 コスト削減以外の効果を引き出すコツ

以前は、業務をペーパーレス化することが難しかった。しかし、近年は法改正が進み、バックオフィス業務などでの書類の電子化が可能となっている。そこで、「e-文書法(電…

クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能

アプリケーションの利用範囲がオンプレからクラウドまで拡大し、セキュリティ管理に問題を抱える企業が増えている。セキュリティ/可用性/パフォーマンスをシングルポイン…

ハイパーコンバージドインフラ基礎解説:性能と可用性を見極めるポイントは?

ハイパーコンバージド製品の大きなメリットは、複雑な構成が必要な仮想化基盤をコンパクトに実現できることだ。それだけに機能も多く、その製品比較は難しい。主要機能は当…

Amazon S3を活用したBCP/DR対策、専用ツールで安全性・操作性がさらに向上

Amazon Web Servicesのクラウドストレージ「Amazon S3」を事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策に活用する企業が増えている。Ama…

情シス泣かせのマルウェア対策製品から解放――秘訣は“フルクラウド型”

既存のマルウェア対策製品はスキャンが遅い・重い、管理が面倒…でもリプレースもあまりに大変!と悩む企業も多い。今回は30店舗/360台に及ぶPCを短期間で最新製品…

ICTだけでは不十分、デジタルマーケティングがうまくいかない理由

顧客情報が共有できていないために、せっかくのデジタルマーケティングが有効に機能しないケースがある。クレームを寄せている顧客に型通りのビジネスメールを送って、火に…

なぜわざわざ「次世代インフラ」に移行するのか? 知っておくべき10個の理由

俊敏性よりも安定性を重視した従来型インフラが、今、アプリケーションやサービスの開発現場で足かせとなりつつある。そこで、モバイル、ソーシャル、クラウドに向けた開発…

猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

電子メールを通じたサイバー攻撃は依然として増え続けている。サンドボックスを識別して疑わしい挙動を見せないものや、悪質なリンクを潜ませるものなど、攻撃の巧妙さも増…

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ 印刷用ページへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030370


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ