巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは

IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > ビッグデータ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/01/11


日本アイ・ビー・エム

これまでの延長では追い付けない、巨大化するデータに対抗できるサーバの姿とは
これからは企業が扱うデータは爆発的に大容量化し、しかもますますの高速処理が必要となる。これまでのサーバスペックでは確実に追い付けなくなる。新たなアーキテクチャはどうあるべきか、具体的に検討できる資料を提示する。

 ビッグデータの活用が本格化している中、多くの企業で課題となるのは「データ量の爆発的な増加にどう対応していくか」というものだ。総務省の調査によれば、データの流通量は9年間で約9.3倍にもなると見込まれている。

 これだけ巨大となると、従来の延長線上ではすぐにスペック不足になってしまう。有用なデータを宝の持ち腐れにしないため、これまでとは異なる新たなアーキテクチャを解説する。

 一般的なプロセッサと比較して、帯域幅4倍、トランザクション処理性能2.3倍。運用担当者が操作しなくても最少0.05コア、0.01単位の細かな粒度でプロセッサリソースを自動最適化するなど、ビッグデータに対応すべく「進化したサーバ」とは?具体的に見てみよう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030348


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ