ケーブル型アンテナを使用した無線LAN 過酷な条件下でも安定

IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワーク機器 > 無線LAN > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2017/01/11
更新日:2017/02/07


東芝テック

トンネル内でも無線LANが使えるのはなぜ? 驚きの技術の正体とは
無線LANは、トンネルなどの細長いエリア、障害物の多い工場や高温/低温の倉庫には向かないと考えられがちだが、実はそうではない。過酷な環境や特殊な環境などに適したアンテナを利用すれば、無線LANはさまざまな場所で利用できる。

 モバイル端末やIoT技術などの普及により、業務の中で無線LANを使うエリアはますます拡がっている。工場のセンサーネットワーク、トンネル内でのリモート保守などを無線LANで実現するためには無線通信に適さないエリアに拡げなければならない。しかし、通常の無線LANは、障害物が多くて電波が通りにくいエリアや、トンネルなどの細長くて狭いエリア、冷凍倉庫などの温度環境の厳しいエリアなどでは使えないことが多い。

 その理由には、電波が遮られたり、曲がっている空間で電波が届きにくいなど環境に原因がある場合や、無線LAN機器が過酷な温度環境に耐えられないことなどが挙げられる。

 そこで注目したいのが、細長く入り組んだ場所でも自由に設置できるケーブル型アンテナ(LCX:漏えい同軸ケーブル)を使用した無線LANだ。LAN配線無しで最長700mまで構成できたり、またマイナス40度から80度までの低温/高温環境でも使用できる。本コンテンツでは、LCX無線LANシステムが従来の課題を解消し、セキュリティの強化まで実現する理由を解説。さらに5つの製品タイプや活用シーンなども紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 東芝テック株式会社


掲載企業 東芝テック株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


ファイルサーバ“運用あるある”7選――アクセス権でよくあるトラブルと解決法

ファイルサーバ運用において、多くの担当者を悩ませるのがアクセス権にまつわるトラブルだ。そこで、「アクセス権運用あるある」というべき7つの頻出課題から問題点を洗い…

「BIがあるはず」と言われても「Excelのほうが早い」……なぜ?

BIがあるのになぜか週末のデータ集計はExcelで集計。「そのBIは使い勝手が悪く全く活用されていない」と担当者は言う。BIを使えば、週末のドタバタ劇を回避でき…

多くの情シスが口をそろえる「こんなSFAは導入したくない」

SaaS型SFAの登場により、営業部門が自らの手で導入するケースが増え、情シスの負担も軽減されているかと思いきや、実運用に入った段階で「改修依頼で負担は増えてい…

A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは?

製品マニュアルやプレスリリースなどの品質向上に欠かせない校正だが、チェック漏れや作業時間の長期化などの課題も抱えている。そこで活用したいのが、文章校正支援に特化…

改正個人情報保護法、中堅・中小企業は何の対策から始めるべき?

改正個人情報保護法が2017年5月30日に全面施行となり、小規模事業者も法の対象となった。まずはどんな対策を講じるべきか。法改正の背景から、具体的な対応まで解説…

「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは

「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10030310


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ