ヤマハ発動機のOS移行術、仮想デスクトップ利用でコスト削減

IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > シンクライアント > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/12/15


サーバーワークス|アマゾン ウェブ サービス ジャパン

ヤマハ発動機のOS移行術、仮想デスクトップサービスの利用でコストの無駄なし
OS移行時に問題となる新OSに未対応の業務アプリケーション。仮想デスクトップによる対策を検討するのであれば、ヤマハ発動機の事例を参考としたい。同社は救済策と見定めて、導入コストを大幅に節約する方法を選んだという。

 Windows XPから7への移行に続き、7から10への移行でも、取り残されるユーザーや業務が多数発生した。その主な理由が、旧OSでしか動作しない業務アプリケーションの存在があったことから、現在進行中のOS移行や次期OSへの移行で仮想デスクトップの利用を検討している企業は多いはずだ。 

 既存のPCから新OSと旧OSのどちらも利用できる仮想デスクトップは、OS移行期の一時的な救済策として有効だ。しかし、仮想デスクトップの導入台数を見積もる際には、注意も必要となる。よくある失敗が、導入の直前や直後に業務アプリケーションの新OS対応が完了するケースだ。 

 このように仮想デスクトップ導入の必要性が突然なくなることもあるため、導入台数の見積もりがぎりぎりまでできなかったり、予定よりも多く見積もることで余計なコストがかかったりするという課題がある。そんな一時救済策のお手本となるのがヤマハ発動機の事例だ。同社は必要台数ぴったりを確保し、役目を終えたらすぐ終了という賢い運用でOS移行時のコストを大幅に節約したという。果たしてその方法とは?





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社サーバーワークス アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社


掲載企業 株式会社サーバーワークス アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029998


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ