クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell


クラウド対応ソフトウェア型WAF
InfoCage SiteShell


NEC

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShellの特長
  • クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShellのスペック
  • クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShellの資料ダウンロード
  • クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShellの問い合わせ・相談

クラウド対応ソフトウェア型WAF<br>InfoCage SiteShell

掲載日:2016/11/01
更新日:2016/11/15

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
Webシステムの安全性を向上させながら、脆弱性対策のコストを軽減したい企業。
クラウドへのシステム移行を検討している企業。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。
価格情報 ソフトウェア型:年額60万円/台
ネットワーク型:初年度455万円 次年度以降105万円
※税別
サポートエリア 全国


特長


WAF

企業の環境に合わせた導入形態が可能なWAF


InfoCage SiteShell」は、NEC製のWAFで、クロスサイトスクリプティング、SQLインジェクションなどWebアプリケーションの脆弱性を利用した攻撃を防御、情報漏洩などの被害を防ぎ、安全なWebサイト運営を実現。

Webアプリケーションの脆弱性攻撃を防御してWebサイトの安全性を確保
・WebサーバからWebアプリケーションへ渡されるデータをリアルタイムにチェックし、攻撃とみなしたアクセスをブロック。
・ファイアウォールの精度の決め手となるブラックリストは、NECが国内・海外の独自の情報源から収集・分析し、最新かつ高精度なリストを提供。

導入形態を問わず、どんなシステムでも導入可能
・InfoCage SiteShellはWebサーバへ直接インストールするソフトウェア型、WAF専用サーバをWebサーバの前段に配置するネットワーク型、どちらの形態でも導入することが可能。
・テストモードによる影響調査を行うことで、ユーザ自身でも設定・導入が可能。
・攻撃状況の把握や設定などの運用作業は、ブラウザベースの運用管理コンソールによるGUI操作で容易。

クラウドサービスや大規模システムにも導入可能
・小規模サイトにはソフトウェア型での導入、大規模サイトにはネットワーク型での導入などサイト規模に合わせた提案が可能。
・ソフトウェア型は、クラウド環境との親和性が高い。アマゾンウェブサービス(AWS)など主要なクラウドプラットフォームに対応している。詳細は製品サイトへ。
・管理対象のWebサーバの自動登録機能により、クラウドのオートスケール機能を利用したシステムでも管理が容易。数十〜数千台規模のWebサーバも一元管理可能。

フレキシブルな価格体系。スモールスタートが可能
・オートスケールに対応した、クラウド環境向けの月額製品も用意。他にもボリュームディスカウントを行う永続ライセンスなど多彩な価格体系を用意。Webサーバ1台からのスモールスタートをしたい企業にも最適。




このページの先頭へ

スペック

製品名 クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell
メーカー NEC
クライアント側OS -
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 -
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 -
サーバ側OS Microsoft Windows Server 2008(x86,x64) / 2008 R2(x64) / 2012(x86) /2012 R2(x64)
Red Hat Enterprise Linux v6(x86,x64) / v7(x64)
CentOS v6(x86,x64) / v7(x64)
Amazon Linux(x86,x64)
サーバ側対応プロセッサ Intel Pentium 互換CPU 2GHz以上(推奨)
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上(推奨)
サーバ側必要ディスク容量 40GB以上(推奨)
サーバ側その他動作環境 IIS 7.0 / 7.5 / 8.0 / 8.5
Apache HTTP Server 2.2(x86,x64) / 2.4(x86,x64)
その他特記事項 【セキュリティ機能】
SQLインジェクション
クロスサイトスクリプティング
セッションハイジャック
パラメータ改ざん
バッファオーバフロー
クロスサイトリクエストフォージェリ
OSコマンドインジェクション
パスワードリスト攻撃防御 など

【サポート】
脆弱性対策パッケージ(ブラックリスト)の更新サービス

【オプション(別売)】
Webサイトの改ざん検知/復旧製品

【試用版】
試用版のダウンロード提供やAWSでのAMI(Amazon Machine Image)を公開。
詳細は製品サイトへ。
製品サイトURL:http://jpn.nec.com/infocage/siteshell/index.html

この製品を比較表に追加

価格情報


ソフトウェア型:年額60万円/台
ネットワーク型:初年度455万円 次年度以降105万円
※税別


補足説明
※永続ライセンスもご用意
※導入台数の多い場合には応相談

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■【サイバー攻撃からWebサイトを守る】SiteShell(WAF) カタログ(1.3MB)

個人情報の流出を防ぎ、安全なサイト運営を継続していくためのセキュリティ製品「InfoCage SiteShell」のポイントを簡潔にまとめたリーフレット。
■【Webサイトの改ざんを防止する】SiteShell(改ざん防止) カタログ(157KB)

多発するWebコンテンツの改ざん被害を最小限に抑えるためのセキュリティ製品「InfoCage SiteShell Web改ざん防止」のポイントを簡潔にまとめたリーフレット。
■【セキュリティとコスト削減を両立】SiteShell(WAF)導入事例集(702KB)

セキュリティレベルの強化や対策コスト削減などの課題を解決した企業の事例を紹介。
■【クラウド環境でも簡単導入】SiteShell(WAF)導入ガイド for AWS(1.1MB)

InfoCage SiteShellの構築方法をアマゾンウェブサービスを例に紹介。
■【AWS環境向け】クラウドセキュリティソリューション カタログ(437KB)

「Trend Micro Deep Security × InfoCage SiteShell」で実現するクラウド環境でのセキュリティ対策のリーフレット。
■【導入事例 ローソン】InfoCage SiteShell(801KB)

InfoCage SiteShellのローソンの事例です。AWS環境に置いて、セキュリティレベルを上げるためにクラウド環境と親和性の高いInfoCage SiteShellを採用しています。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


NEC 
部署名:プラットフォームビジネス本部
住所:〒108-8424 東京都港区芝5丁目33-8(第一田町ビル)
TEL:03-3798-7177
URL:http://jpn.nec.com/infocage/siteshell/

備考: 【受付時間】 9:00〜12:00 13:00〜17:00 月曜日〜金曜日(祝日・NEC所定の休日を除く)


掲載企業


NEC 
住所:〒108-8001 東京都港区芝5丁目7-1(NEC本社ビル)
URL:http://www.nec.co.jp


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029919


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ