Senju Service Manager


野村総合研究所

Keyノート

  • 基本情報
  • Senju Service Managerの特長
  • Senju Service Managerのスペック
  • Senju Service Managerの資料ダウンロード
  • Senju Service Managerの問い合わせ・相談

Senju Service Manager

掲載日:2017/11/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
ITILに則り、日々発生するインシデントに対し、サービスデスクを効率的に運用したいシステム管理者やマネージャ。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 ITILやISO20000(ITSMS)で求められる運用プロセスを実現。業務負荷を軽減しつつITサービスの品質を向上させ、システム利用者からの多様な情報へ迅速かつ的確に対応できる。
価格情報 SaaS版(mPLAT/SMP):月額15万円(税別)〜
パッケージ版:380万円(税別)〜
サポートエリア 全国


特長


業務効率向上

“いまやるべきこと”を一目で把握!ITIL準拠のサービスデスク


Senju Service Manager(Senju/SM)は、ITILに基づいた運用プロセスを簡単・迅速に構築することが可能なサービスデスクツール。サービスデスクに必須となる「インシデント管理」とこれを強力にサポートする「サービス要求」「問題管理」「変更管理」「構成管理」「ナレッジ」「サービスレベル」を統合。ユーザからの障害申告や問い合わせ、ITサービスの障害への迅速な対応を実現する。

インシデントに対し、“いまやるべきこと”を一目で把握できる
Senju/SMは、入力された項目を基に各担当者が抱えるタスクを一元的に管理、担当者ごとの負荷やタスクの進捗を一覧で表示する。日々発生するインシデントに対し、スケジュールとのリンクで各担当者の”いまやるべきこと”を明確にする。

問い合わせの進捗確認と、ナレッジの参照で問題の自己解決
Senju/SMは、エンドユーザ向け画面を提供。問い合わせ申請だけでなく、その進捗確認も可能で、ナレッジの参照により、エンドユーザ自身での問題の自己解決をサポートする。また、エンドユーザや開発担当者からのサービス要求・運用申請の自動処理を可能にする【Senju Service Automation】やエンドユーザ権限による承認・却下機能をサポートする【エンドユーザ承認】などの機能も搭載。

Senju/SM 2016の主な新機能
【グローバル対応】
マルチランゲージ機能により、日本語に加えて英語表記に対応。言語別のサーバは不要でユーザーごとに表示言語を切り替えが可能。
【DevOps機能強化】
監視ツールや統制ツールとの連携を強化。開発者部門自身による障害メッセージ制御が容易に行える。
【管理機能強化】
管理者権限を詳細化し、複数部署やシステムごとの利用でも柔軟なITサービスマネジメントを実現。Web画面からマスタレコードの一括登録・更新が可能。




このページの先頭へ

スペック

製品名 Senju Service Manager
メーカー 野村総合研究所
クライアント側OS Windows
クライアント側対応プロセッサ -
クライアント側必要メモリ容量 2GB以上
クライアント側必要ディスク容量 150MB以上
クライアント側その他動作環境 Internet Explorer
サーバ側OS Windows Server
サーバ側対応プロセッサ -
サーバ側必要メモリ容量 2GB以上
サーバ側必要ディスク容量 80GB以上
サーバ側その他動作環境 -
その他特記事項 -
製品サイトURL:http://senjufamily.nri.co.jp/ssm/index.html

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■「Senju Service Manager 2016」 紹介資料(6.3MB)

最新バージョン「Senju Service Manager 2016」の特長、機能などを画面を交えて詳細に紹介した資料です。
■ITサービスマネジメントとは何か?(2.4MB)

ITサービスマネジメントとはいったい何なのか、実際の導入手順のポイントやそのプロセスについてまとめたホワイトペーパーです。
■Senju Family 2016 カタログ(4.0MB)

NRIの長年の運用管理ノウハウを凝縮した統合運用管理ツール「Senju Family」のカタログです。
■情報共有の仕組みづくりで品質向上 〜富士電機ITセンター(749KB)

従来のヘルプデスク業務に使われていたAccessに代わり「Senju Service Manager」を導入。ビジネスに貢献するサポート部門へと変革を遂げた事例です。
■ITILによる運用標準化 〜グローリーシステムクリエイト(548KB)

「Senju Service Manager」の導入により、運用・保守サービスの標準化だけでなく、ITIL準拠の運用・保守に対する考え方も社内に浸透させることができた事例です。
■システム運用の「見える化」で品質レベルを向上〜大塚商会(590KB)

導入の敷居の低さと自由度の高さで「Senju Service Manager」を選定。システム運用の全体が見える化され、レベルや目標の設定が容易に行えることになった事例です。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えてください。
(4) あなたの立場をお選びください。





製品・サービスの取扱い企業


株式会社野村総合研究所
部署名:Senjuインフォメーションセンター
住所:〒240-0005 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134 NRIタワー
TEL:0120-736-580
FAX:0120-736-581
e-mail:senjuinfo@nri.co.jp
URL:http://senjufamily.nri.co.jp/


掲載企業


株式会社野村総合研究所
部署名:Senjuインフォメーションセンター
住所:〒240-0005 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町134 NRIタワー
TEL:0120-736-580
FAX:0120-736-581
e-mail:senjuinfo@nri.co.jp
URL:http://senjufamily.nri.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029904


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サービスデスク > サービスデスクの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ