ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証

IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > データセンター運用 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/13


EMCジャパン

インフラ仮想化はマシン拡大とリソース不足がネック、解決法は?
組織が運用効率を高めるためにインフラの仮想化を進める中、仮想マシンの無秩序な拡大への対策とリソース使用率の向上は、頭の痛い問題である。その解決方法として有効なハイパーコンバージド製品の実力について、比較検証の結果から探る。

 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハイパーコンバージド製品の活用だ。

 ITへのハイパーコンバージドインフラの影響は非常に大きくなっている。ESGの調査によれば、回答者の85%がハイパーコンバージドソリューションを既に使用しているか、今後数カ月以内に使用する計画があるという。その理由としては、サービスとサポート、拡張性、シンプルな管理、導入の迅速性と容易さ、などが挙げられている。

 本レポートでは、ハイパーコンバージド製品として「EMC VxRail」を取り上げて、導入メリットの実践的な検証結果を解説している。短時間での導入・作動や、容易な拡張についても、具体的な数値を基にレポートされている。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 EMCジャパン株式会社


掲載企業 EMCジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「紙からiPadへ」を支えた高速開発手法 名物経営者も称賛した仕組みの裏側

iPadなどのデバイスで生産性を向上させるには、現場ニーズに応える業務アプリが欠かせない。経営の神様として著名な小山昇氏が率いる武蔵野では、高速開発ツールを用い…

なぜこの会社は業務のシステム化を内製できるのか? 8社事例で知る課題解決術

業務課題を解決するにはシステム化が不可欠だが、ビジネス環境の変化や複雑化が進むにつれ、外注によるシステム開発では間に合わないケースも少なくない。そこで課題解決の…

ファイルサーバレコーディングダイエット法の知られざる威力とは

ファイルサーバの肥大化対策として話題のレコーディングダイエット法。体重(=容量)や脂肪(=不要ファイル)を定期的にレポーティングする方法だが、短期間で劇的な効果…

実録! 肥大化ファイルサーバのお引越。某社がスリム化できた理由

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング

ビッグデータ分析技術は、今や現実的なテクノロジーとして定着しつつある。しかし導入を成功させ、企業の成長に生かすまでには、全社的な取り組みが重要だ。適切な導入には…

「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?

複雑化する企業のデータ基盤。その影響はシステムの処理に遅延をもたらし、迅速な経営判断の足かせとなっている。このボトルネックを解消するには、データ処理を根本的に効…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029761


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ