ハイパーコンバージド製品の導入メリットを比較検証

IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > データセンター運用 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/13


EMCジャパン

インフラ仮想化はマシン拡大とリソース不足がネック、解決法は?
組織が運用効率を高めるためにインフラの仮想化を進める中、仮想マシンの無秩序な拡大への対策とリソース使用率の向上は、頭の痛い問題である。その解決方法として有効なハイパーコンバージド製品の実力について、比較検証の結果から探る。

 ITの運用効率を高めるためにインフラの仮想化が広がる中、仮想マシンの拡大とリソースの使用率の向上は、IT管理者にとって頭の痛い問題だ。複数の管理者がインフラストラクチャの異なる部分を担当すると、インフラのサイロ化が進んでしまう。そこで、注目されるのが、ハイパーコンバージド製品の活用だ。

 ITへのハイパーコンバージドインフラの影響は非常に大きくなっている。ESGの調査によれば、回答者の85%がハイパーコンバージドソリューションを既に使用しているか、今後数カ月以内に使用する計画があるという。その理由としては、サービスとサポート、拡張性、シンプルな管理、導入の迅速性と容易さ、などが挙げられている。

 本レポートでは、ハイパーコンバージド製品として「EMC VxRail」を取り上げて、導入メリットの実践的な検証結果を解説している。短時間での導入・作動や、容易な拡張についても、具体的な数値を基にレポートされている。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 EMCジャパン株式会社


掲載企業 EMCジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


その開発、待った!本当に今後もずっとAccessを使い続けられる?

Accessで作り込んできた業務システムがブラックボックス化し、誰も触れない…。Windows 10への移行を進める中で、社内Access資産の動作検証や対応が…

待望のBIだったはず。導入後、間もなくリプレースを検討…なぜ?

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する?

次世代アプリケーションに俊敏性をもたらすITインフラが求められるようになったが、現場では従来型アプリケーションも必要とされている。新旧のアプリケーションが混在す…

増大するハイブリッド・クラウド 複雑な運用管理をどうすべきか

多くの企業で利用が進むハイブリッドクラウド。業務部門の急速な利用拡大に伴い、ガバナンスや運用管理が手に負えなくなっている。次世代ITインフラの運用管理のための新…

クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは?

生産性向上とセキュリティ確保。予算も人的リソースも限られる中小企業が、この2つの課題に無理なく取り組むにはどうすればよいのか。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029761


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ