業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > BI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/13
更新日:2016/11/24


SAS Institute Japan

「自分で使えるBI」が重宝される理由――業務部門でも気軽に分析
セルフサービス型BIや対話操作型の予測分析を活用する企業が増えている。分析担当者でなくても、分析を行える環境を整備するには何が必要なのだろうか。

 多くの企業がデータ分析を活用するようになった今、競合他社よりも早く事業成長のチャンスを見つけるためには、業務部門ユーザーでも迅速に正しく分析できる環境が求められている。ユーザーが必要なときにデータの探索と分析が行えるセルフサービス型BIや、対話操作型の予測分析基盤の重要性は今後ますます高まるだろう。

 統計や分析の専門家ではないユーザーでも速やかにデータを扱えることが重要なポイントであり、セルフサービス型BI利用時のデータ探索と予測分析でインタフェースが異なるような現状は問題だ。では、両者を融合させたユーザーに使いやすい環境を整備するためには、どのような要件が必要なのだろうか。またこうした分析環境の整備からは、どんな効果が期待できるのだろうか。詳しく見ていこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 SAS Institute Japan株式会社


掲載企業 SAS Institute Japan株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029742


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ