基幹システムのクラウド移行で配送効率向上とコスト削減を両立

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/04


富士通

基幹システムをMicrosoft Azureに移行、その効果とは―赤帽事例
システムの老朽化による保守・運用の負荷増大、パフォ−マンス低下に対し、クラウド化という解決策は有効な選択肢となる。さらに、業務効率の向上や拡張性を生かしたクラウド導入を実現した企業の事例から実態を探ってみよう。

 1都3県の約3500人で構成される赤帽首都圏軽自動車運送協同組合では、基幹システムの老朽化に対応するため、システムを刷新。配車システム、物品販売管理、組合員管理などを新たに構築した。

 導入検討のポイントは、コストと開発の容易さ、及び将来の利用範囲拡大にも対応できる高い拡張性だ。そこで、セキュリティ対策が整備された国内データセンターでシステムが保護されるクラウドの活用が、セキュリティレベルを高めると判断し導入を決めた。

 本ホワイトペーパーは、赤帽首都圏軽自動車運送協同組合による基幹業務システムのクラウド移行事例である。導入以前は、ネットワークを含め基幹システムの維持に必要なコストが固定で掛かり、大きな負担になっていた。システム再構築によるコストの半減や、GPSとメールを利用した効率的な配車・配送の実現といった詳しい取り組みについては、ぜひ内容を確認してほしい。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 富士通株式会社


掲載企業 富士通株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


ハイパーコンバージド、導入するならネットワークを見直そう

ビジネス要件への迅速な対応に不可欠な、変幻自在なITインフラ構築でハイパーコンバージドインフラが救世主となるのはなぜか?また忘れてはならない“隠れキャラ”とは?

クラウドとオンプレミスの“いいとこ取り”、すぐに手が届く次世代型インフラ

拡張性の高いパブリッククラウドと、安全性の高いオンプレミス。その両方のメリットを享受できるハイブリッドサービスが登場した。その仕組みや導入効果をWebキャストで…

「クラウドありき」から発想を転換、TCOがクラウドの50%以下というIT基盤とは

写真プリントショップを全国展開するプラザクリエイトは、IT基盤の刷新にあたり、パブリッククラウドではなく、ハイパーコンバージドインフラを導入した。この選択により…

“仮想ファイアウォール(vFW)”定義と機能、説明できる?

インテルが世界の通信事業者やプロバイダー各社と連携して取り組む「ネットワークサービスベンチマーク(NSB)構想」。その中で重要な役割を担う「仮想ファイアウォール…

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査

製造業はIoTに前向きな企業が多い業種の1つだ。では実際にどのような状況で、今後はどのように展開されていくのか。また、競合の動向が気になる企業も多いだろう。業界…

データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか

近年、データセンターに対して、仮想化やバックアップ/レプリケーションなどの投資が積極的に行われている。それにもかかわらず、システムの可用性は年々下がっているとい…

「学内は安全ではない」認証系をデータセンターへ――災害対策もできたワケ

メールをキーに統合認証システムを運用していた桜美林学園では、システムの安定稼働やセキュリティ強化などを目的に、クラウド利用を決定。データ管理が専門のデータセンタ…

情報流出はなぜ起きる?シミュレーションで学ぶ、被害を抑えるインシデント対応

インシデントレスポンスは具体的にどのように進むのか。成否を分けるポイントはどこにあるのか。仮想事例によるシミュレーションを通じて、これらを明らかにする。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029705


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ