SAPシステムをAzureに移行、処理速度とDR対策はどこまで変わる?

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/04
更新日:2016/10/17


富士通

【事例】基幹システムをAzure上に移行 高速化も実現させた秘訣
SAPシステムをオンプレミスで運用する場合、ハードウェアの保守期限切れや老朽化、ユーザー数増加によるパフォーマンス低下などの問題は避けられない。そこで基幹システムもクラウド移行することで課題解決を図る企業も登場している。

SAPなどの基幹システムをオンプレミスで運用する場合、どうしても避けられないのがハードウェアの老朽化や保守期限切れ、ユーザー数の増加に伴うパフォーマンス低下だ。そのため、近年は基幹システムのクラウド移行も検討されるようになってきた。

この取り組みにおける先進例の1つが、医薬品用化学製品の製造・精製などを行う東洋合成工業だ。同社は、ハードウェアの老朽化や、ユーザー数増加によるディスク容量不足やパフォーマンス低下が問題となったことから、情報システム部門の少人数プロジェクトでありながら、SAPシステムの開発環境だけでなく本番環境までMicrosoft Azure上に移行した。

約9カ月間の移行期間中も、ストレージやOSなどの調整を行うことでパフォーマンスを改善し、処理によっては10倍以上の高速化を実現。さらに災害復旧(DR)対策の強化も実現したという。では、同社はどのようにして、少人数でのクラウド移行を成功させたのだろうか。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 富士通株式会社


掲載企業 富士通株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029704


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ