ITRホワイトペーパー:セルフサービスBI 2.0

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > BI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/03


クリックテック・ジャパン

ITRレポート「セルフサービスBI」:データ分析のこれまでと今後
従来型のBIツールよりも操作性とデータの視覚化を重視した「セルフサービスBI」と呼ばれる製品が注目されている。専門家やIT部門に頼らず、ユーザー部門が直接データ分析を行える新たなツールのメリットを調査レポートで明らかにする。

 企業におけるデータ分析の課題は、分析時間の短縮と得られた結果の素早い共有にある。そのため、IT部門を通さずに必要なデータの抽出や加工が可能で、業務部門のスタッフでも簡単に分析が行える柔軟なツールが求められてきた。

 そこでいよいよ登場したのが、従来型のBIツールよりも操作性とデータの視覚化を重視した「セルフサービスBI」と呼ばれる製品だ。システムや情報分析の専門家ではなく、これまでExcelなどの表計算ツールでデータ分析作業を行っていた業務部門のスタッフ向けに提供されるものだ。

 本ホワイトペーパーは、セルフサービスBIツールの活用に関するこれまでの経緯を振り返りながら、ユーザー間で起こっている新しい変化に着目したITRの調査レポートだ。セルフサービスBIはデータ分析にとどまらず、データガバナンスにまで影響を与えると見られており、その詳細についてもレポートは言及している。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 クリックテック・ジャパン株式会社


掲載企業 クリックテック・ジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「痕跡のない脅威」が増加――セキュリティ調査で見えた2つの攻撃手法

標的型サイバー攻撃に関する最新レポートによると、攻撃手法のトレンドは「ツールの現地調達」と「ファイルレス攻撃」であるという。攻撃者が身を隠しやすく、痕跡も残さな…

「攻めのIT」に足りないものは? 理想のインフラを実現する条件

今や「攻めのITインフラ」を実現する上で欠かせないのがネットワークの柔軟性や安全性、そして運用管理だ。最適な運用管理で攻めのITを実現する理想のITインフラを探…

自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには?

クラウドの導入に当たっては、業務内容を把握し、導入目的を明確にしなければ期待した効果は得られない。では、どのように自社にとって最適なクラウド環境を選定するのか。…

「SAP S/4HANA」に適したクラウド構築――コスト削減の秘訣は?

ERPなどの基幹システムにかかる多大なコストや運用負荷。仕方ないと諦めるしかないのだろうか。本Webキャストでは、基幹システムに適したクラウドシステムを活用する…

海外拠点の“無法地帯化”を防ぐ、本社主導のセキュリティ運用管理術

海外拠点のIT運用を現地任せにした結果、セキュリティ上のリスクを抱えたり、業務効率が低下したりするケースが見られる。そこで、日本にいながらにして、低コストで海外…

A4文書100枚をわずか10秒で校正、品質と業務効率を両立する支援ツールとは?

製品マニュアルやプレスリリースなどの品質向上に欠かせない校正だが、チェック漏れや作業時間の長期化などの課題も抱えている。そこで活用したいのが、文章校正支援に特化…

脆弱性を迅速かつ的確に把握、管理者の手間を削減する自動化ツールの実力は?

企業のセキュリティ管理者にとって、日々発見される脆弱性への対処は大きな課題。手間や時間がかかるため、つい放置してしまう管理者もいるかもしれない。しかし業務へのダ…

サイバーエージェントがメール誤送信対策で信頼獲得と営業力を強化できた理由

企業のIT活用において、経験を積んでもなかなかなくならないものがメールの誤送信だ。場合によっては取引の停止や重大なインシデントになり得るメールの誤送信。ミスを防…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029699


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ