IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データ分析 > BI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/03


クリックテック・ジャパン

思い付くまま自由な質問でデータ分析、「連想モデル」で変わるBI
膨大なデータを使った業務分析では、「データの中に隠れたストーリーの全貌をつかむ」ことが重要だ。データガバナンス強化のためにも、ユーザーの自由な質問に対応した分析が求められている。

 セルフサービスBIにより、専門家ではない一般の社員でもデータ分析ができるようになった。しかし、部署内で共有しやすいパターン化された分析は迅速にできても、想定されていない分析はできないという声もある。

 クエリベースのセルフサービスBIは、構造化された線形的なアプローチによるデータの視覚化を得意とするが、データの中に隠れたストーリーの全貌をつかむことが苦手といわれる。そこで注目されるのが、「直近3四半期の売り上げと利益率を地域別に見たい」といった質問を投げかけながら分析を深掘りできる「連想モデル」だ。

 本ホワイトペーパーは、自然言語による自由なデータ分析を可能とする連想モデル型分析ツールを解説している。データの意味や関係性を整備するデータガバナンスの強化の観点からも、あらゆる方向からデータの関連性を探索できる連想モデルの仕組みと効果を確認しておこう。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 クリックテック・ジャパン株式会社


掲載企業 クリックテック・ジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに……社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法

企業におけるデータ集計・分析の重要性は高まるばかりだが、部門によって必要とするデータ分析の内容は違いがあり、担当者のスキル次第で必要な時間も分析結果も変わってし…

専門家でも雇ったのか?と社長が驚いた分析レポートの作り方とは

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BI導入で情シスの負担が増えた? 失敗事例と成功事例の決定的違いとは?

BIツールを導入した企業では「こんなはずじゃなかった」「BI導入でかえって負担が増えた」という情シスの声も。成功した企業と失敗してしまった企業では、何が違ったの…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029698


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ