主要2社で比較:クラウドサービスのメリットを最大化する条件

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/10/12
更新日:2016/11/10


さくらインターネット

「クラウドならAWS」で本当に良いのか? 主要2社サービスを比較
クラウドサービスのメリットを最大化するためには、コストパフォーマンス評価を正しく行う必要がある。そこで、選択のポイントとなる料金体系と仮想サーバのパフォーマンスについて、AWSとさくらのクラウドのサービスを徹底比較する。

 Webサービス提供企業やゲーム開発企業などを中心に利用が進むクラウドサービス。一般的な業種でも運用コスト削減のために、基幹系システムのクラウド移行を図る企業が増えている。しかしながら、コストパフォーマンスの評価が正しく行えずに、そのメリットを享受できていないケースも目立つ。

 クラウドサービスは、料金体系とサーバ構成を柔軟に選択/変更できることが特長だが、それがコストパフォーマンス評価を難しくしている面もある。料金プランはどれが有利なのか、仮想サーバはどの構成が適しているのかを見極めるためには、想定する用途を明確にする必要がある。

 本ホワイトペーパーは、「AWS」と「さくらのクラウド」の両サービスの、コストとパフォーマンスを比較した資料だ。両社の優劣が逆転する条件や、複数サービスを組み合わせたハイブリッドクラウドが有利となる条件が明らかにされており、実践的なサービス選択ガイドとして活用できる。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 さくらインターネット株式会社


掲載企業 さくらインターネット株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029686


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ