掲載日:2016/10/11


シスコシステムズ

運用管理の自動化が進むデータセンターのポリシー検証方法
データセンターのハードウェアやソフトウェアを構成管理ツールなどで自動管理することで、コスト効率に優れた運用が可能になった。しかし、アプリケーション管理においては、ポリシー通りに自動化されていることを確認する手段も必要だ。

 近年、データセンターに構成管理ツール、IaaSプラットフォーム、Webサービスなどを利用し、必要なハードウェアまたはソフトウェアの構成を自動管理する企業が増えている。その結果、ネットワーク管理者はコストパフォーマンスに優れたデータセンターを容易に運用管理できるようになった。

 しかし、自動化の多くはシステムを抽象化しており、人間が読み取れないケースがほとんどだ。管理者が、どのように要件がハードウェアにプログラムされたのか、実際に何が起きているのかを確認できければ、重大なセキュリティ上の脆弱性が数カ月後に表面化するような事態すら起こりかねない。

 そこで、本コンテンツでは、アプリケーションインサイト機能により、アプリケーションが適切かつ安全に機能するのに必要なポリシーを検出する方法や、ポリシーコンプライアンスをシミュレートしてネットワークのコンプライアンスをリアルタイムで監視する方法などを解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 シスコシステムズ合同会社


掲載企業 シスコシステムズ合同会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


なぜ Office 365 は急な組織変更にも迅速に対応できるのか?

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略を司る経営者や部門長などにとって重要視すべきポイント。そこで医…

分析工数のほとんどを、データ形成に奪われている気がする……

ビッグデータを分析して高度なインサイトを獲得するには、まず効率的なデータ管理基盤が必要になる。統合的に管理できる基盤によって、データの収集と変換作業が迅速になり…

見過ごせないパブリッククラウド・オープン系の運用監視 有効手段はあるのか?

パブリッククラウドやSaaSで利用している業務系および情報系のシステムは、オンプレミスもしくはプライベートクラウドで運用している基幹系システムと部分的に連携して…

バックアップ製品の性能差でここまで変わる――Yahoo!Japan事例

巨大なシステム基盤を擁するYahoo! JAPANは、Oracleデータベース基盤のバックアップ、災害対策の遠隔レプリケーションの長時間化に課題を感じ、重複排除…

“ITIL”準拠の近道、3要素で見直すITサービス管理業務

仮想化、クラウド、マルチデバイス化などが進むにつれ、IT部門の管理負担は増大している。こうした状況下において、IT管理と業務のバランスを保ち、事業全体の最適化を…

わずか1分でリソース構成――「コンポーザブル・インフラ」は何がすごいのか

「コンポーザブル・インフラ」がビジネスを加速させるITインフラの新たな姿として注目を集めている。インフラの各要素をコンポーネントとし、それを柔軟に組み合わせてプ…

実は危険な“塩漬けLinux”サーバの安全を守る実践的アプローチ

AWS普及に伴い、Linuxの利用が拡大している。クラウドとの親和性の高さや安全性など総合的に高い評価を受けている。だが、その真価を発揮するには、適切に管理され…

インターネット分離だけで満足していないか? 分離後の対策を怠ると……

標的型攻撃の被害が拡大している今、その有効な打ち手として「インターネット分離」が注目されている。ここで見過ごしてはいけない重要なポイントである分離後のセキュリテ…

「VDI+セキュリティ製品」でも防御は不完全……何が足りない?

サイバー攻撃の高度化により、仮想デスクトップにセキュリティ製品を組み合わせた対策だけで脅威を防ぐことはさらに難しくなった。そこで、マルウェア感染を前提としたセキ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



Myリストへ 印刷用ページへ


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029675


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ