アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズ


アプリケーションデリバリコントローラ
Array APVシリーズ


アレイ・ネットワークス

Keyノート

  • 基本情報
  • アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズの特長
  • アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズのスペック
  • アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズの資料ダウンロード
  • アプリケーションデリバリコントローラ Array APVシリーズの問い合わせ・相談

アプリケーションデリバリコントローラ<br>Array APVシリーズ

掲載日:2016/09/29

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
コストを抑えつつ、高い性能やきめ細かい機能、高可用性などを実現し、サービスのパフォーマンスを向上させたいと考える企業。
製品形態 ハードウェア
製品概要 最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネント、10Gbitイーサネット接続等が特長のアプリケーションデリバリコントローラ。
価格情報 オープン価格
サポートエリア 全国


特長


高速化

業界トップクラスの機能、スケーラビリティ、費用対効果


Array APVシリーズは、最先端のマルチコア処理、ハードウェア高速化モジュール、エネルギー効率のよいコンポーネントを特長とし、10Gbitイーサネット接続を活用するために設計されたアプリケーションデリバリコントローラ・アプライアンスだ。小規模環境からグローバルサービスプロバイダまで、あらゆる規模でスケールメリットを実現する。管理画面は日本語GUIとCLIを標準装備。

・業界トップクラスのSSL性能
・独自ビルドOSにより脆弱性に該当しにくい
・スクリプト不要で設定管理が容易、高性能

パフォーマンス、セキュリティいずれも妥協しないアーキテクチャ
独自の「ArrayOS」が内部プロセスによる遅延を大幅に削減し、更なる高速処理を実現する。マルチコア環境では到着したパケットは共有メモリ上に保持され、並列配置された各CPUに対して内部処理が負荷分散される。また、SSLアクセラレータを搭載しており、ほかの処理性能へは影響を及ぼさずにSSL暗号化/復号化の処理を行える。
コンフィグはプリセットポリシーの組合せであり、各プロセスは最適化される。スクリプト型の他社製品と比較し性能面の優位性もあり、最大10倍の処理速度を記録した例もある。
※2015年 自社調べ

APIによるクラウド連携
XML-RPC、SOAP-APIに対応しており、外部からの制御が可能。クラウド事業者などがADCやSSLアクセラレーションをサービスとして提供する場合、完全にシステムに組込み連動させられる。また、OpenStack LBaaSのドライバも提供。オーケストレータから、負荷に応じたサーバー増減の自動制御なども実現する。

サイト間分散(GSLB)やDR対策に
効率よくリソースを使用し、適切なサイトにアクセスを誘導することで、ピーク時への最適な対応を可能にする。クラウド/オンプレミスなど、複数のサイトにコンテンツ・サービスを配備して冗長化を図っているケースにも最適だ。
※利用にはオプションライセンスが必要。


クリックで拡大

+拡大 クリックで拡大
このページの先頭へ

スペック

製品名 アプリケーションデリバリコントローラ
Array APVシリーズ
メーカー アレイ・ネットワークス
寸法 ▼APV1600〜2600 シングル電源モデル
432(幅) x 381(奥行) x 44(高さ)mm
▼APV5600〜11600
432(幅) x 572(奥行) x 89(高さ)mm
質量 ▼APV1600〜3650
6.2kg
▼APV5600
9.0kg
▼APV6600〜11600
12.7kg
電源 AC100V
筐体タイプ ▼APV1600〜3600/3650
ラックマウント 1U
▼APV5600〜11600
ラックマウント 2U
対応レイヤー レイヤー2及び4〜7
プロセッサ 非公開
メモリ容量 非公開
内蔵HDD 非公開
対応プロトコル ▼ネットワーキング
IPv6 Dual Stack、Pv4/V6 NAT、Ethernet link aggregation、VRRP、Static Routing、RIP、OSPF、OSPF RHI、BGP4
スループット ▼レイヤー4スループット
2.5〜140Gbps
▼SSLトランザクション
2000〜70000(毎秒)
LANインターフェース 10/100/1000BASE-T x 4
1GE (SFP) x 2
10GE (SFP+) x 2
その他特記事項 ・CLI、日本語GUI標準装備
・本体には搭載されたすべての1GE、10GEポート分の光トランシーバが付属
※姉妹製品として、仮想アプライアンス「vAPV」、マルチテナント型アプライアンス「Array AVXシリーズ」も提供。
製品サイトURL:http://www.arraynetworks.co.jp/apv

この製品を比較表に追加

価格情報


オープン価格


補足説明
製品価格については、販売代理店にお問い合わせ下さい。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■「Array APVシリーズ」データシート(3.9MB)

特長、製品ラインナップ、スペックなど、Array APVシリーズを詳しく紹介するデータシートです。
■「Array APVシリーズ」解説(3.2MB)

アプリケーションデリバリコントローラが求められる背景や課題、Array APVシリーズによる解決などを詳細に解説する資料です。
■「今後、WebトラフィックがすべてSSLになる」予測の4つの根拠(5.1MB)

INTEROP Tokyo(2015年6月)におけるセミナーセッション「クラウド化の次にやって来る“Web トラフィック総SSL”化時代に向けて」の内容をまとめた資料です。
■クラウド、DCなどのサービス事業者にADCという付加価値を!(1.7MB)

「Array AVXシリーズ」がクラウド、データセンター、VPSなどのサービス事業者にとってユーザへのアピールポイントとなりうることを、機能紹介を交えて解説。
■マルチテナント・アプライアンス「Array AVXシリーズ」カタログ(3.2MB)

姉妹製品のマルチテナント型アプライアンス「Array AVXシリーズ」の特長や筺体仕様などを紹介するカタログです。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


アレイ・ネットワークス株式会社
住所:〒210-0004 神奈川県川崎市川崎区宮本町6-12 GS川崎ビル4階
TEL:044-589-8315
FAX:044-589-8303
e-mail:Sales-Japan@arraynetworks.net
URL:http://www.arraynetworks.co.jp/


掲載企業


アレイ・ネットワークス株式会社
住所:〒210-0004 神奈川県川崎市川崎区宮本町6-12 GS川崎ビル4階
TEL:044-589-8315
FAX:044-589-8303
e-mail:Sales-Japan@arraynetworks.net
URL:http://www.arraynetworks.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029640


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ