新発想のデータ活用「データレイク」を支えるストレージ条件とは

IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > NAS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/09/23
更新日:2016/11/29


日本アイ・ビー・エム

IoT、ビッグデータ……次世代デジタルデータ分析に必要なストレージ条件とは
データ活用は、現状分析はもちろん、最新データを使いさまざまな予測を行うことも求められ、さらに新ビジネス創出の中心的役割を担うことまで期待されている。こうしたニーズを満たすストレージの条件とソリューションを解説する。

 データ活用の手法が大きな変革期に入った。構造化データから現状を分析するだけでなく、膨大な容量の非構造化データも含めて統合的に処理し、顧客ニーズや市場状況をリアルタイムに予測することも求められている。さらにAPIを使ってデータを共有・活用することで、新たなビジネスの創出も期待されている。

 こうした流れの中で注目されているのが、「データレイク」という発想だ。これは、あらゆるデータを加工しないまま格納し、処理方法を後から適用していくという考え方だ。これまではあらかじめ処理方法を決めて、それにふさわしい形にデータを加工するデータウェアハウスがなければできなかったが、処理の高速化が進み、データレイクの運用が可能となった。

 そしてデータレイクの性能をハードウェアの面で大きく左右するのが、フラッシュをはじめとするストレージだ。本コンテンツでは、データ活用の変革を支える「ストレージの条件」を解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029634


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ