VDIの複雑さを解消、小規模環境にも最適なVxRail

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > VDI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/10/03

ワークスタイル変革をもっと身近に、簡単に導入できるVDIとは

 
 従業員が働きやすいIT環境を作り、業務効率化やモチベーション向上を図ることは、企業が成長するために重要な施策の1つだ。このワークスタイル変革の手法として、昨今注目を集めるのが「VDI(仮想デスクトップインフラ)」である。

 VDIはデスクトップ環境を仮想化し、サーバで稼働させる仕組みだ。モバイルデバイスや自宅PCなどから自分のデスクトップ環境をいつでも利用できる。しかもデータがサーバに集約されているため情報の流出の危険性が低い。柔軟な働き方を安全に提供できる仕組みとして、大企業のみならず中堅・中小企業にとっても需要の高いシステムだ。

 ところがVDIは、サーバやストレージ、ネットワーク、クライアント端末と、関係するIT技術が多岐にわたっているため、設計・導入や運用が難しいことでも知られている。それぞれを個別に調達し、仮想化ソフトウェアによってまとめたソリューションとして導入するケースが多い。これをベンダーに依頼すると、事前のヒアリングやアセスメントから始まり、設計などに時間がかかり、無視できない調査費用も発生する。導入や構築の作業にも大きな労力とコストが掛かる。外出時の利用では、ノートPCやモバイル端末にも通信回線が必要で、回線費用が想定以上に大きくなることもある。

 また、将来的なメンテナンスやチューニング、人員増加に合わせた拡張など、総投資額が見えにくいことがネックとなって、導入を諦めるユーザー企業が少なくないようだ。導入や運用のハードルをできるだけ低くするには、どのような対策が必要なのか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「VDIの複雑さを解消、小規模環境にも最適なVxRail/ワークスタイル変革をもっと身近に、簡単に導入できるVDIとは」 (全文)では、「VDIの複雑さを解消、小規模環境にも最適なVxRail」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「VDIの複雑さを解消、小規模環境にも最適なVxRail」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 シーティーシー・エスピー株式会社


掲載企業 シーティーシー・エスピー株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


「メール訓練」では防げない、根本的なBEC対策は“偽メール”受信の前段階で

取引先や経営幹部を装い「振込先変更」のメールを送り、多額の金銭をだまし取るビジネスメール詐欺(BEC)。単純だが多くの企業がだまされるBECへの根本的な対策とは…

1人150円/月で定番グループウェアと同等の基本機能が使える理由

定番の無料グループウェアが相次いで有料化したことで、製品選びは一気に難しくなった。乗り換え先選びではコストと機能のどちらを重視すべきか? 多くの担当者が頭を悩ま…

本当にカタログ通りの性能? USENが徹底的な実機検証の末に選んだノートPCは

USENは1400台ものノートPCの一斉リプレースに着手した。求められたのは「軽く、8時間以上のバッテリー駆動」が可能な機種。ただ、カタログスペックと実機性能は…

Webサービス拡充が生んだリスクを解消、アコムが選んだ“多層防御”アプローチ

金融大手のアコムが実施したWebサービスの拡充。利便性を高めるサービスの拡充と同時に実施したセキュリティの強化によって、より堅牢な環境を構築した。同社がとった多…

【PC、ギフト券プレゼント】Windows 10移行に関するアンケート

お勤め先におけるWindows 10移行に関するアンケートのご協力のお願いです。回答いただいた方の中から抽選で1名様にデルNew Latitude 5290 2…

感染端末の見逃しは本当にないのか? 「インシデント終息」を証明する方法

不正プログラムの感染によるインシデントを終息させるには、顕在化した端末の特定/対処だけでは不十分だ。ネットワーク内の感染範囲を特定し、潜在的な脅威まで検証する方…

“一人情シス”でもラクに運用できる、仮想化インフラの最適解

変化に柔軟なITインフラの構築は、大企業よりもむしろ中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際にITインフラを変えるためには、どのような手段があるのか。

AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素

クラウド環境のシステムの安全は、クラウド事業者のセキュリティ対策だけでなく、ユーザー企業自身の対策が加わって初めて確保できるといえる。そのためにユーザー企業自身…

Amazonギフト券が当たる:「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート

簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント。「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート、…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029486


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ