急増するデータが招く可用性低下 5つの課題を解消する方法とは

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/09/14
更新日:2016/10/21


Veeam Software japan

データ増大に対応できるか 5年後も使えるバックアップ拡張計画
企業が扱うデータが急激に増加したことで、大企業だけでなく中小規模企業においても将来的な可用性の確保に向けた投資が始まっている。そこで求められる大企業レベルのバックアップ体制について、5つの視点から検討する。

 企業が扱うデータは1年で30〜50%増加するといわれている。これは、5年後にデータ量が2.8〜5.06倍になることを意味するが、現時点でこのペースの増加に対応できる環境を備える企業は少ない。そのため、多くの企業において、将来的な可用性の確保に向けた投資が始まっている。

 データ増加に対応する拡張計画も、その戦略の中に位置付けられる。特に、予算が限られている中小規模企業では、コストや運用形態などを中心に検討することになる。ここで忘れてはならないのが、データ増大と並行して進むIT依存の高まりが、システムダウンの影響範囲と機会損失をさらに拡大させることだ。

 拡張計画には、常にダウンタイムの低減と安定性の向上のための対策が伴うことに留意したい。そこで、拡張計画に安定性と持続性を与えるデータバックアップ/復元環境を低コストで導入する方法について、5つの視点から検討する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 Veeam Software japan株式会社


掲載企業 Veeam Software japan株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。

業務の拡大や変化に伴い、さまざまなベンダーのソフトウェアが使われ、いつの間にか運用が大きな負担になる。この課題に対し、マルチベンダー環境のソフトウェア保守窓口を…

Office 365 導入後を追跡 社内コミュニケーションはどう変わる?

盛岡のある企業では、3カ年計画で社内インフラのクラウド化を推進中。一段落する来期、Office 365 を活用した社内コミュニケーション活性化を計画しているとい…

この会社は、なぜわざわざERPとは別に原価管理システムを導入したのか

あらゆる企業活動の基礎となる原価管理。近年はERPパッケージで行うケースも多いが、業務要件に合せるためには多くの開発工数が必要となる。原価管理システムの導入で、…

急なサービス要件変更にも柔軟に対応 次世代ファイアーウォールの実力

ネットワーク保護のために不可欠なセキュリティ対策。しかし、導入当初は十分なパフォーマンスを持っていても、予想外のトラフィック増大など、急なサービス要件の変化に対…

多様なアプリに対応できる単一のITインフラ パフォーマンスと運用効率を両立

ビジネス環境が激変する現在、企業が“第2のプラットフォーム”から“第3のプラットフォーム”へと移行しつつある。そうした中、企業のITインフラを瞬敏かつ効率的なも…

古い基幹システムの基盤を念願のクラウドに マネージドサービスの真価

インフラの運用管理は障害対応など意外と時間を取られるが、いざインフラ移行となれば大仕事となる。そのためインフラに不満があっても現状で我慢し続ける情シスも多いが、…

米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは

コスト削減だけを目的にオープンソースソフトウェア(OSS)を使うのはもったいない。硬直的なシステムを変革するにはOSSの真のパワーを解き放つ必要がある。調査会社…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

「マシンデータ分析」でセキュリティが変わる 先進的な事例を公開

サービス品質やセキュリティ、ビジネスそのものの改善まで、幅広く役立つマシンデータだが、応用範囲が広すぎて活用場面をイメージしにくく、導入も手間だと感じられがちだ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029482


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ