急増するデータが招く可用性低下 5つの課題を解消する方法とは

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/09/14
更新日:2016/10/21


Veeam Software japan

データ増大に対応できるか 5年後も使えるバックアップ拡張計画
企業が扱うデータが急激に増加したことで、大企業だけでなく中小規模企業においても将来的な可用性の確保に向けた投資が始まっている。そこで求められる大企業レベルのバックアップ体制について、5つの視点から検討する。

 企業が扱うデータは1年で30〜50%増加するといわれている。これは、5年後にデータ量が2.8〜5.06倍になることを意味するが、現時点でこのペースの増加に対応できる環境を備える企業は少ない。そのため、多くの企業において、将来的な可用性の確保に向けた投資が始まっている。

 データ増加に対応する拡張計画も、その戦略の中に位置付けられる。特に、予算が限られている中小規模企業では、コストや運用形態などを中心に検討することになる。ここで忘れてはならないのが、データ増大と並行して進むIT依存の高まりが、システムダウンの影響範囲と機会損失をさらに拡大させることだ。

 拡張計画には、常にダウンタイムの低減と安定性の向上のための対策が伴うことに留意したい。そこで、拡張計画に安定性と持続性を与えるデータバックアップ/復元環境を低コストで導入する方法について、5つの視点から検討する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 Veeam Software japan株式会社


掲載企業 Veeam Software japan株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029482


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ