全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > VDI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/09/29
更新日:2016/11/14


「VDI導入は失敗だった」は意外とある 導入成功の3カ条を伝授

 
 サーバ上で多数の仮想PCを稼働させるVDI(Virtual Desktop Infrastracture)は、物理PCだけの環境よりもITガバナンスが行き届きやすく、運用管理品質が向上するとともに管理工数の削減にも役立つことはよく知られている。端末に業務情報を保存しない特長から、特にモバイルコンピューティングを推進する企業では、情報漏えい防止、セキュリティ強化のための有力な選択肢として捉えられている。また昨今では、企業が個人のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方に対応することによる、生産性の向上や優秀人材の確保など、新たな導入メリットが注目を浴びている。しかしそんなメリットを知りながらも、導入に“二の足”を踏む企業は少なくない……なぜだろうか?

 最大の障壁となっているのはコストだ。構成によっては仮想PC1台当たりの導入コストは、物理PC1台の導入コストよりも高くなる。現在の物理PC運用よりもコストが高くつくのでは、いくら情報システム部門の管理がラクになるからといってもそれだけでは稟議を通しにくい。もう1つの導入障壁は「悪いうわさ」だ。「レスポンスが悪くなる」「朝のログインに何分もかかる」「運用を始めたら追加費用がどんどんかさんだ」などという話は、決して単なるうわさと切って捨てられるものではない。実際にVDIを先行して導入した企業の中には期待効果が得られず、「導入は失敗」と評価するケースが多々あるからだ。

 それでは、こうした「コスト面」と「運用面」での課題をクリアし、VDI導入を成功に導くためには事前に何を検討し、準備すれば良いのだろうか? ここではその具体的な考え方と、「成功の3カ条」として(1)出前ハンズオンセミナー、(2)検証パッケージ、(3)アセスメントサービスの3つの活用法を紹介しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入/「VDI導入は失敗だった」は意外とある――導入成功の3カ条を伝授」 (全文)では、「全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 VDIに関するTCOや運用負荷の課題を解消するハイブリッド型に注目 【レノボ・ジャパン株式会社】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】
VDI VDI VDI
1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 TCOと運用負荷を軽減 HCIとクラウドで作る「VDI2.0」とは? 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ソフトバンク コマース&サービス株式会社 兼松エレクトロニクス株式会社


掲載企業 ソフトバンク コマース&サービス株式会社 兼松エレクトロニクス株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。

業務の拡大や変化に伴い、さまざまなベンダーのソフトウェアが使われ、いつの間にか運用が大きな負担になる。この課題に対し、マルチベンダー環境のソフトウェア保守窓口を…

Office 365 導入後を追跡 社内コミュニケーションはどう変わる?

盛岡のある企業では、3カ年計画で社内インフラのクラウド化を推進中。一段落する来期、Office 365 を活用した社内コミュニケーション活性化を計画しているとい…

この会社は、なぜわざわざERPとは別に原価管理システムを導入したのか

あらゆる企業活動の基礎となる原価管理。近年はERPパッケージで行うケースも多いが、業務要件に合せるためには多くの開発工数が必要となる。原価管理システムの導入で、…

急なサービス要件変更にも柔軟に対応 次世代ファイアーウォールの実力

ネットワーク保護のために不可欠なセキュリティ対策。しかし、導入当初は十分なパフォーマンスを持っていても、予想外のトラフィック増大など、急なサービス要件の変化に対…

多様なアプリに対応できる単一のITインフラ パフォーマンスと運用効率を両立

ビジネス環境が激変する現在、企業が“第2のプラットフォーム”から“第3のプラットフォーム”へと移行しつつある。そうした中、企業のITインフラを瞬敏かつ効率的なも…

古い基幹システムの基盤を念願のクラウドに マネージドサービスの真価

インフラの運用管理は障害対応など意外と時間を取られるが、いざインフラ移行となれば大仕事となる。そのためインフラに不満があっても現状で我慢し続ける情シスも多いが、…

米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは

コスト削減だけを目的にオープンソースソフトウェア(OSS)を使うのはもったいない。硬直的なシステムを変革するにはOSSの真のパワーを解き放つ必要がある。調査会社…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

「マシンデータ分析」でセキュリティが変わる 先進的な事例を公開

サービス品質やセキュリティ、ビジネスそのものの改善まで、幅広く役立つマシンデータだが、応用範囲が広すぎて活用場面をイメージしにくく、導入も手間だと感じられがちだ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029455


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ