全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 仮想化 > VDI > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/09/29
更新日:2016/11/14


「VDI導入は失敗だった」は意外とある 導入成功の3カ条を伝授

 
 サーバ上で多数の仮想PCを稼働させるVDI(Virtual Desktop Infrastracture)は、物理PCだけの環境よりもITガバナンスが行き届きやすく、運用管理品質が向上するとともに管理工数の削減にも役立つことはよく知られている。端末に業務情報を保存しない特長から、特にモバイルコンピューティングを推進する企業では、情報漏えい防止、セキュリティ強化のための有力な選択肢として捉えられている。また昨今では、企業が個人のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方に対応することによる、生産性の向上や優秀人材の確保など、新たな導入メリットが注目を浴びている。しかしそんなメリットを知りながらも、導入に“二の足”を踏む企業は少なくない……なぜだろうか?

 最大の障壁となっているのはコストだ。構成によっては仮想PC1台当たりの導入コストは、物理PC1台の導入コストよりも高くなる。現在の物理PC運用よりもコストが高くつくのでは、いくら情報システム部門の管理がラクになるからといってもそれだけでは稟議を通しにくい。もう1つの導入障壁は「悪いうわさ」だ。「レスポンスが悪くなる」「朝のログインに何分もかかる」「運用を始めたら追加費用がどんどんかさんだ」などという話は、決して単なるうわさと切って捨てられるものではない。実際にVDIを先行して導入した企業の中には期待効果が得られず、「導入は失敗」と評価するケースが多々あるからだ。

 それでは、こうした「コスト面」と「運用面」での課題をクリアし、VDI導入を成功に導くためには事前に何を検討し、準備すれば良いのだろうか? ここではその具体的な考え方と、「成功の3カ条」として(1)出前ハンズオンセミナー、(2)検証パッケージ、(3)アセスメントサービスの3つの活用法を紹介しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入/「VDI導入は失敗だった」は意外とある――導入成功の3カ条を伝授」 (全文)では、「全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 【富士通株式会社】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】
VDI VDI VDI
1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ソフトバンク コマース&サービス株式会社 兼松エレクトロニクス株式会社


掲載企業 ソフトバンク コマース&サービス株式会社 兼松エレクトロニクス株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


本当に情シスは不要になるのか? ノンプログラミング開発ツール

ノンプログラミングでシステム開発できるから、情シスは不要?自らが手を動かす場面は減るものの、決して不要にはならない。では、ノンプログラミング開発ツール導入で情シ…

ドラッグ&ドロップで構築! 業務部門に振り回されなくなるシステム構築法とは

システムは情シスが一気に構築していくのが通常。だが業務の状況によって変更・追加、工期が延び追加コストも必要…というのが実状。そこでこの事例。情シスと業務部門が共…

経営会議で分析レポートがベタぼめ! その部門が用いた秘策とは?

経営層はデータに基づく経営判断を下したいのに、多忙な業務部門はExcelによる通り一遍の集計を繰り返すだけで精一杯…。ついに社長の不満が爆発したA社では多くの部…

BIを導入しても残り続ける…そのExcel作業を一掃する方法とは?

「BIを導入したはずなのになぜいまだにExcelでグラフ化しなきゃならないの?」業務部門から数多く聞かれる嘆きの声。そこで、そのExcel作業を一掃し、データ集…

「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング

ビッグデータ分析技術は、今や現実的なテクノロジーとして定着しつつある。しかし導入を成功させ、企業の成長に生かすまでには、全社的な取り組みが重要だ。適切な導入には…

「SAP HANA」基礎解説:データ分析の待ち時間を劇的に短縮する技術とは?

複雑化する企業のデータ基盤。その影響はシステムの処理に遅延をもたらし、迅速な経営判断の足かせとなっている。このボトルネックを解消するには、データ処理を根本的に効…

ファイルサーバレコーディングダイエット法の知られざる威力とは

ファイルサーバの肥大化対策として話題のレコーディングダイエット法。体重(=容量)や脂肪(=不要ファイル)を定期的にレポーティングする方法だが、短期間で劇的な効果…

実録! 肥大化ファイルサーバのお引越。某社がスリム化できた理由

▼営業部の老朽化したファイルサーバ、来月までにリプレースせよ!導入したのは約10年前、データ量は1TB、元の担当者は既に退社、OSはサポート切れのWindows…

コストはかけたくないけど短期間で集客したい場合に最適なコンテンツとは?

中小企業にはハードルが高く感じられるネット集客。その運用を困難なものとする誤解や課題を解消し、知識やノウハウがない企業でもすぐにネット集客を実践できるように支援…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029455


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ