オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire

IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > NAS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/09/30

フラッシュを活用した企業システムの基本
速さ以外のメリットとは

 
 企業向けストレージは、データセンターや大規模環境向けを中心に、全ての容量をフラッシュメモリでまかなう「オールフラッシュストレージ」が主流になりつつある。オールフラッシュストレージを含むフラッシュストレージは2013年ごろまで、高性能ではあるものの非常に高価で、信頼性にも課題が残り、一部の先進企業や特定領域での利用に限られていた。

 2014年以降はフラッシュストレージの技術的な信頼性、耐久性が向上し、容量単価は急激に低下している。また、データ圧縮や重複排除といった最新のソフトウェア技術を活用することによって、従来のSAS(Serial Attached SCSI)接続型HDDと同等の実効容量単価を実現できるようになった。そのため従来は採用できなかった領域においても、フラッシュストレージを採用するケースが増えている。

 さらに2017年以降、特に日本においてはフラッシュストレージの活用が急速に進むとみられている。2020年に向けてビルやマンションなどの建設ラッシュが予想されており、それに伴って建設費用が高騰すればデータセンターの建設費用も値上がりし、場所の確保も困難になるだろう。データセンターでは、より効率性を重視した高性能で高密度なフラッシュストレージが脚光を浴びることになる。

 こうした流れの中で、フラッシュストレージの技術や製品に注目すると、もはやI/O性能が良いのは当たり前。総合的な性能や容量効率性、データのモビリティ(移動のしやすさ)、柔軟性、拡張性といった、企業利用におけるストレージインフラとしての機能が問われるようになっている。

 これからのインフラ構築において、オールフラッシュストレージの注目ポイントはどこにあるのか。どのような観点でストレージ製品を選定すればよいのか。最新のストレージ技術、製品を基に解説しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire/フラッシュを活用した企業システムの基本、速さ以外のメリット」 (全文)では、「オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ネットアップ株式会社


掲載企業 ネットアップ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


せっかく導入したのに…社員が“BI離れ”してしまう決定的な理由

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

簡単だけで選ぶと落とし穴に…ノンプログラミング開発ツール選び

続々登場するノンプログラミング開発ツールだが、どのツールも「簡単、短期間でシステム開発」と謳い「どれを選べばいいのか…」という人も多いのでは?そこで選び方を徹底…

自動検出で情シスの未管理端末を発見 多すぎるIT資産の堅実管理法

すでに導入しているIT資産管理ツールがあり、定期的な棚卸し作業を行っているとしても抜け漏れなくIT資産を管理することは難しい。そこでライセンス違反や情報漏えいと…

ECサイトが1秒の表示遅延で失う売り上げは? EC基盤が顧客体験に与える影響度

2018年には世界全体で3兆ドル超の規模になると見込まれるEC市場では、「顧客体験」が勝敗を分けるポイントとなる。わずか1秒の遅延でも買い物をやめてしまう消費者…

仕事をするにはやっぱりWindows 10モバイルが便利。でも、管理はどうすれば……

モバイルデバイスにも普及し始めたWindows 10。業務での活用を進める上で懸念されるのがデバイス管理だ。そこで「モバイルデバイスとしてのWindows」のガ…

気になるAWSとの比較レポート――クラウドサービス ベンチマークテスト

さまざまなパブリッククラウドが提供されているが、スペックやコストパフォーマンスなどの違いは把握しづらい。しかしプランや使い方によって大きな差が生じることも多く、…

基幹系システム向け開発をクラウド化 実績で裏打ちされる信頼性が移行を進める

基幹系システムの開発環境にクラウドを活用することには、期待と同時に不安もある。だが信頼のおけるIBMクラウド基盤で「高速開発」を実現するサービスが登場する。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029396


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ