オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire

IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ストレージ > NAS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/09/30

フラッシュを活用した企業システムの基本
速さ以外のメリットとは

 
 企業向けストレージは、データセンターや大規模環境向けを中心に、全ての容量をフラッシュメモリでまかなう「オールフラッシュストレージ」が主流になりつつある。オールフラッシュストレージを含むフラッシュストレージは2013年ごろまで、高性能ではあるものの非常に高価で、信頼性にも課題が残り、一部の先進企業や特定領域での利用に限られていた。

 2014年以降はフラッシュストレージの技術的な信頼性、耐久性が向上し、容量単価は急激に低下している。また、データ圧縮や重複排除といった最新のソフトウェア技術を活用することによって、従来のSAS(Serial Attached SCSI)接続型HDDと同等の実効容量単価を実現できるようになった。そのため従来は採用できなかった領域においても、フラッシュストレージを採用するケースが増えている。

 さらに2017年以降、特に日本においてはフラッシュストレージの活用が急速に進むとみられている。2020年に向けてビルやマンションなどの建設ラッシュが予想されており、それに伴って建設費用が高騰すればデータセンターの建設費用も値上がりし、場所の確保も困難になるだろう。データセンターでは、より効率性を重視した高性能で高密度なフラッシュストレージが脚光を浴びることになる。

 こうした流れの中で、フラッシュストレージの技術や製品に注目すると、もはやI/O性能が良いのは当たり前。総合的な性能や容量効率性、データのモビリティ(移動のしやすさ)、柔軟性、拡張性といった、企業利用におけるストレージインフラとしての機能が問われるようになっている。

 これからのインフラ構築において、オールフラッシュストレージの注目ポイントはどこにあるのか。どのような観点でストレージ製品を選定すればよいのか。最新のストレージ技術、製品を基に解説しよう。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire/フラッシュを活用した企業システムの基本、速さ以外のメリット」 (全文)では、「オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「オールフラッシュストレージは“速さ”から次の展開へ SolidFire」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】
NAS NAS NAS
専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 ネットアップ株式会社


掲載企業 ネットアップ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。

業務の拡大や変化に伴い、さまざまなベンダーのソフトウェアが使われ、いつの間にか運用が大きな負担になる。この課題に対し、マルチベンダー環境のソフトウェア保守窓口を…

Office 365 導入後を追跡 社内コミュニケーションはどう変わる?

盛岡のある企業では、3カ年計画で社内インフラのクラウド化を推進中。一段落する来期、Office 365 を活用した社内コミュニケーション活性化を計画しているとい…

この会社は、なぜわざわざERPとは別に原価管理システムを導入したのか

あらゆる企業活動の基礎となる原価管理。近年はERPパッケージで行うケースも多いが、業務要件に合せるためには多くの開発工数が必要となる。原価管理システムの導入で、…

急なサービス要件変更にも柔軟に対応 次世代ファイアーウォールの実力

ネットワーク保護のために不可欠なセキュリティ対策。しかし、導入当初は十分なパフォーマンスを持っていても、予想外のトラフィック増大など、急なサービス要件の変化に対…

多様なアプリに対応できる単一のITインフラ パフォーマンスと運用効率を両立

ビジネス環境が激変する現在、企業が“第2のプラットフォーム”から“第3のプラットフォーム”へと移行しつつある。そうした中、企業のITインフラを瞬敏かつ効率的なも…

古い基幹システムの基盤を念願のクラウドに マネージドサービスの真価

インフラの運用管理は障害対応など意外と時間を取られるが、いざインフラ移行となれば大仕事となる。そのためインフラに不満があっても現状で我慢し続ける情シスも多いが、…

米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは

コスト削減だけを目的にオープンソースソフトウェア(OSS)を使うのはもったいない。硬直的なシステムを変革するにはOSSの真のパワーを解き放つ必要がある。調査会社…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

「マシンデータ分析」でセキュリティが変わる 先進的な事例を公開

サービス品質やセキュリティ、ビジネスそのものの改善まで、幅広く役立つマシンデータだが、応用範囲が広すぎて活用場面をイメージしにくく、導入も手間だと感じられがちだ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029396


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ