OpenStackに適したLinux基盤とは? 技術革新へ適応する12の条件

IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > サーバー > UNIXサーバ > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/31
更新日:2016/09/27


レッドハット

Linux基盤選定:適切なOpenStack開発環境を作るための条件とは
OpenStackによるクラウド開発では、OpenStackディストリビューションとLinux製品の選択が重要となる。そこで、最新のイノベーションを取り入れながら、本番環境に適した安定性を実現するOpenStackクラウド開発基盤を紹介する。

業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する必要がある。

また、OpenStackコミュニティーによる開発と更新は早いペースで進むため、アップストリームのリリースとの高い互換性を確保することも重要となる。それでは、最新のイノベーションを取り入れながら、本番環境に適した安定性を実現するOpenStackクラウド開発基盤とはどのようなものだろうか。

本コンテンツでは、高い拡張性と冗長性を備えたストレージ、障害検知やワークロードの再配分などの機能、エンタープライズ向けのライフサイクルに渡るサポートなど、高いパフォーマンスと可用性を実現するための「12の条件」を満たす製品について、その機能とメリットを詳細に解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 レッドハット株式会社


掲載企業 レッドハット株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029376


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ