ウェアラブル端末が「街角」より「工場」で普及する理由

IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > スマートデバイス > スマートフォン > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/30
更新日:2016/09/06


KDDI

なぜか製造業で大ブーム!? 業務用ウェアラブル端末って何だ?
今後の市場拡大が期待されるウェアラブル端末。いま、その市場は一般ユーザー向けよりも、製造や建設現場といったB2Bの分野で盛り上がりを見せているという……。一体なぜか。

 研究者用の「Google Glass」やサムスンの腕時計端末「GALAXY Gear」、話題を呼んだ「Apple Watch」……。これまで各社がウェアラブルデバイスの新製品を市場投入してきたが、どうもB2C(企業対個人取引)市場において、期待されたほどの大きな市場には育っていない。

 家電市場をけん引してきたスマートフォンは市場が飽和状態となり、電機メーカーや関連企業は、ウェアラブル端末に「ポストスマホ」の幻想を抱き、期待を寄せ過ぎた感が否めない状況が続いていた。しかし、実はB2B(企業間取引)市場において、ウェアラブル端末の普及が急速に始まった場所がある。製造、建設などの「現場」だ。

 ITmedia ビジネスオンライン記事を再構成した本コンテンツでは、ウェアラブル端末を活用するパナソニックの工場や新潟県長岡市の事例を基に、B2B市場で期待の高まるウェアラブル端末の活用法を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 KDDI株式会社


掲載企業 KDDI株式会社



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029363


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ