オンプレミスのVMwareインフラはハイブリッドクラウドで進化する

IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > データセンター > IaaS/PaaS > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/24
更新日:2016/09/16


日本アイ・ビー・エム

VMwareインフラのクラウド移行、立ちふさがる壁と意外な突破方法
長年活用してきたツールと設定を使って、オンプレミスでのVMwareインフラを運用してきた企業にとって、その環境をクラウドへ移行することは簡単ではない。ハイブリッドクラウドへの移行の際、留意すべきポイントを考えてみよう。

 VMware製品で自社システムを仮想化し、運用している企業は、リソースの効率運用を従来よりも大幅に高められるものの、一方で限界を感じることも多い。リソースが周期的に大きく変動する場合などは、ピーク時の爆発的な容量に合わせていると、仮想化のメリットも薄れてしまう。

 このようにオンプレミスでの仮想環境は、システムが担う役割によってはインフラの統合は進められるものの、複数の仮想環境に集約されるにすぎない。この非効率を解消するには、パブリッククラウドを活用し、既存の仮想環境とシームレスに連携するハイブリッドクラウドを構築するのが一般的だ。

 しかし、ここでまた問題が発生する。一般的なクラウドサービスは自社のVMware環境をそのまま持ち込むことができず、長年使ってきた管理ツールや設定手法を捨てなくてはならないことが多いのだ。本コンテンツはそうした問題を解消できるサービスを紹介ている。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 日本アイ・ビー・エム株式会社


掲載企業 日本アイ・ビー・エム株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029285


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ