セキュリティ事故がもし起こったら? 「CSIRT」で備えを

IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/09/01


日立システムズ

セキュリティ事故がもし起こったら? 「CSIRT」で備えを
標的型攻撃などの高度な攻撃に対して、「完全な防御」はもはや不可能といわれている。経営者はリスクを把握し、事故を想定した対策を用意する必要がある。そこで、セキュリティ事故対応の専門組織「CSIRT」を設置する企業が急増している。

 近年、大規模な情報漏えい事件が相次いで報道されているが、それらは全体のほんの一部にすぎない。背後に相当数の“発見されていない”セキュリティ事故が存在することを多くの専門家が指摘している。

 経営者がまず認識を改めなければならないのは、このようなセキュリティ事故はどの企業にも起こり得るということだ。そのため、企業は常にあらゆる脅威に関する情報を収集し、セキュリティのリスク管理を行う必要がある。その一方で、高度なサイバー攻撃に対して「完全な防御」はもはや不可能という現状もある。

 このような状況の中、事前対策から事後対応まで一貫して行うセキュリティ対応の専門組織「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」を設置する企業が急増している。省庁や自治体などでも導入が進むCSIRTとはどのような組織なのか。近年の事故発生状況を踏まえつつ、その仕組みや役割、円滑な運用にむけたサポートについて解説する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 株式会社日立システムズ


掲載企業 株式会社日立システムズ



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029244


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ