ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/31
更新日:2016/09/23


ハイパーコンバージドインフラは便利!
でもバックアップは?

 
 「ハイパーコンバージドインフラ」は、サーバとストレージ、ネットワークの機能を同じ筐体に集約し、さらには仮想化ソフトウェアもあらかじめセットアップされた状態で提供するアプライアンス製品だ。比較的容易に仮想化基盤を構築して運用できることから、インフラ構築の新たな手段として注目する企業は少なくない。

 これまでも「レファレンスアーキテクチャ」「コンバージドインフラ」など似たようなコンセプトの製品は数多く提供されてきた。ハイパーコンバージドインフラがユニークなのは、共有ストレージ装置を必要とせず、サーバノードの内蔵ディスクを分散ストレージソフトウェアで束ねることでストレージ機能を実現する点だ。これによりサーバ、共有ストレージ、ネットワーク機器の3階層で構成されていた旧来のインフラと比べ、機器をはるかにコンパクトに収められるようになった。

 しかしそれ以上に特徴的なのが、CPUとシステムメモリ、ストレージリソースを内蔵するサーバノードを複数組み合わせてシステム全体を構成することでスケーラビリティを高めた点だ。システムのキャパシティーが足りなくなれば、サーバノードを追加するだけで性能や容量を向上できる。こうしたアーキテクチャの採用により、将来のシステム拡張を見込んだ入念なサイジングをせずとも、常にスケーラビリティを確保できるのである。

 このように「いいことずくめ」のように見えるハイパーコンバージドインフラだが、実際に導入するとなると留意すべき点が幾つかある。その最たるものが、バックアップだ。共有ストレージが存在しないということは、ストレージ装置のスナップショットやレプリケーション機能を使ったバックアップ手法も使えない。では、どうすればよいのか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance/ハイパーコンバージドインフラは便利! でもバックアップは?」 (全文)では、「ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 EMCジャパン株式会社


掲載企業 EMCジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する

デジタルマーケティングの世界では、顧客理解を深める手法やツールも登場し、次世代マーケティング施策の核として存在感を増している。日本企業のデジタルマーケティングの…

機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは

あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいの実害を防ぐためには従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になる。その理由と対策とは?

普及し始めたWindowsモバイル。管理面でも利用面でも充実したその機能とは?

モバイルデバイスにも普及し始めたWindows 10。業務での活用を進める上で懸念されるのがデバイス管理だ。そこで「モバイルデバイスとしてのWindows」のガ…

社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術

社内ITインフラのクラウド化を進めたものの、思うように運用効率やサービス提供が改善されないケースが少なからず見られる。このような課題を抱える企業は、クラウドサー…

スマホ情報共有だと“伝わらない”のはなぜ? 3事例に学ぶ課題解決のコツ

スマートフォンを使った情報共有を進めたものの、情報量ばかりが増え、「知っておいて欲しいことが伝わらない」という状況に陥っている企業は多い。そこで注目したいのが“…

Excelで分析…企業が今取り組むべき集計レポーティングの自動化

データ集計やレポーティングに広く利用されているExcelだが「データ量が増えると時間がかかる」などの問題も。そこでExcel分析の限界を突破した事例を紹介。集計…

IoT技術で現場の事故発生を迅速把握――人の目に変わるIoTの活用とは

製造業の現場では、今、安全管理の在り方が根本から変わろうとしている。労働災害事故の原因として多い「転倒・転落事故」の把握と対応に活用されるIoT技術を例に、その…

“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?

マーケティング活動においてカスタマーエクスペリエンス最大化の大きな壁となるのが“顔の見えない顧客”の存在だ。 捉えることができなかった顧客に対し、パーソナライズ…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029227


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ