ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > バックアップ > バックアップツール > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。
掲載日:2016/08/31
更新日:2016/09/23


ハイパーコンバージドインフラは便利!
でもバックアップは?

 
 「ハイパーコンバージドインフラ」は、サーバとストレージ、ネットワークの機能を同じ筐体に集約し、さらには仮想化ソフトウェアもあらかじめセットアップされた状態で提供するアプライアンス製品だ。比較的容易に仮想化基盤を構築して運用できることから、インフラ構築の新たな手段として注目する企業は少なくない。

 これまでも「レファレンスアーキテクチャ」「コンバージドインフラ」など似たようなコンセプトの製品は数多く提供されてきた。ハイパーコンバージドインフラがユニークなのは、共有ストレージ装置を必要とせず、サーバノードの内蔵ディスクを分散ストレージソフトウェアで束ねることでストレージ機能を実現する点だ。これによりサーバ、共有ストレージ、ネットワーク機器の3階層で構成されていた旧来のインフラと比べ、機器をはるかにコンパクトに収められるようになった。

 しかしそれ以上に特徴的なのが、CPUとシステムメモリ、ストレージリソースを内蔵するサーバノードを複数組み合わせてシステム全体を構成することでスケーラビリティを高めた点だ。システムのキャパシティーが足りなくなれば、サーバノードを追加するだけで性能や容量を向上できる。こうしたアーキテクチャの採用により、将来のシステム拡張を見込んだ入念なサイジングをせずとも、常にスケーラビリティを確保できるのである。

 このように「いいことずくめ」のように見えるハイパーコンバージドインフラだが、実際に導入するとなると留意すべき点が幾つかある。その最たるものが、バックアップだ。共有ストレージが存在しないということは、ストレージ装置のスナップショットやレプリケーション機能を使ったバックアップ手法も使えない。では、どうすればよいのか。
 

会員限定で、記事の続きがご覧になれます。

会員限定の「ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance/ハイパーコンバージドインフラは便利! でもバックアップは?」 (全文)では、「ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance」についての機能や導入事例、関連セミナーなど様々な情報を紹介しています。

続きを読むには・・・

会員になると、「ハイパーコンバージドとバックアップの統合VCE VxRail Appliance」についての様々な情報をご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 EMCジャパン株式会社


掲載企業 EMCジャパン株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


米国と日本で差があるOSSへの期待効果 オープンソースの真の価値とは

コスト削減だけを目的にオープンソースソフトウェア(OSS)を使うのはもったいない。硬直的なシステムを変革するにはOSSの真のパワーを解き放つ必要がある。調査会社…

Office 365 導入後を追跡 社内コミュニケーションはどう変わる?

盛岡のある企業では、3カ年計画で社内インフラのクラウド化を推進中。一段落する来期、Office 365 を活用した社内コミュニケーション活性化を計画しているとい…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

導入したソフトを全部理解して、24時間365日常駐で保守……は無理だから。

業務の拡大や変化に伴い、さまざまなベンダーのソフトウェアが使われ、いつの間にか運用が大きな負担になる。この課題に対し、マルチベンダー環境のソフトウェア保守窓口を…

ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?

企業で使用されるIT機器は、さまざまな形態やベンダーの製品が混在しているのが常だ。故障すればすぐに直したいところだが、問題を切り分け、サポート期間を確認し、窓口…

急なサービス要件変更にも柔軟に対応 次世代ファイアーウォールの実力

ネットワーク保護のために不可欠なセキュリティ対策。しかし、導入当初は十分なパフォーマンスを持っていても、予想外のトラフィック増大など、急なサービス要件の変化に対…

楽天証券が採用したセキュリティログ分析基盤、その効率的導入方法とは?

サービス品質やセキュリティなど、幅広く役立つマシンデータだが、応用範囲が広すぎて活用場面をイメージしにくい、導入の手間が掛かりそうだという印象を持たれている。そ…

リソースの無駄を瞬時に排除、次世代ITインフラはデータ分析をどう変える?

多様なデータ分析を支援するために、インフラ運用はオーバープロビジョニングと容量をより多く確保する形で進んできたが、リソース使用率の低下が課題である。近年ではリソ…

古い基幹システムの基盤を念願のクラウドに マネージドサービスの真価

インフラの運用管理は障害対応など意外と時間を取られるが、いざインフラ移行となれば大仕事となる。そのためインフラに不満があっても現状で我慢し続ける情シスも多いが、…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029227


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ