PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」


コア

Keyノート

  • 基本情報
  • PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」の特長
  • PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」のスペック
  • PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」の資料ダウンロード
  • PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」の問い合わせ・相談

PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」

掲載日:2016/08/27

資料請求・問い合わせ

企業規模 中堅企業・中小企業 向け
オススメ
ユーザ
開発工程全般を管理し、「ものづくり業務の全体最適」を図りたい製造業など。
製品形態 ソフトウェア
製品概要 BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。
価格情報 最小構成100万円〜
※税別
サポートエリア 全国


特長


PLM/PDM

必要な機能を揃え、使いやすさ・導入しやすさを追求したPLM/PDM


コアのPLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」は、同社が1992年から蓄積してきたノウハウをベースに、BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、必要な機能を実装しつつ、使いやすさを追求した製品だ。小規模での導入プランを提供しており、初めてPLM/PDMを利用する企業や部門内での利用などにも適している
※PLM:Product Lifecycle Management

OpenPDM核は、Webセントリックな「PLM/PDMソリューション」として、品目・図面・文書などの各種マスタを製品やプロジェクトの構成情報として管理。部品表や技術ドキュメントを、設計、製造、購買、サービス保守といった様々なビジネスシーンに応じて最適な構成情報として提供し、コンカレントエンジニアリングを実現する。

作業進捗の可視化や、ワークフローによる処理プロセスの電子化により、開発工程全般を管理でき、例えば、CADとの連携などのワン・ライティングにより、重複入力ミス防止や間接業務負荷軽減が図れる。更に、登録・承認された情報は強固なセキュリティを介して、社内の様々な部門、遠隔拠点や協力会社などの分散環境とリアルタイムな情報共有が可能となる。

また、Excelライクな操作性と画面を採用し、少ない手数で必要な操作を直感的に行えるため、特別なトレーニングは必要なく、設計現場の社員も違和感なく利用可能。パフォーマンス重視の構造により、操作する際にかかる余計なストレスも軽減されている。

製品設計BOMをベースに、PLM環境に拡張するための各種フレームワークと、各種ツール/システムと連携を図るためのI/Fで構成。
●製品設計BOM:PDMに必要とされる機能を含み、製品設計技術情報を統合管理
●受注設計BOM:受注設計業務にFITしたBOMを管理
●製造準備BOM:ERPにシームレス連携するBOMを管理
●保守BOM:製品納品後の製品サービス、保守メンテナンスを行うBOMを管理
●各I/F:他システムと連携するためのI/Fを作成


     「製品構成図」




このページの先頭へ

スペック

製品名 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」
メーカー コア
クライアント側OS Windows 7以上
クライアント側対応プロセッサ Intel Core i3プロセッサー以上
クライアント側必要メモリ容量 2GB以上
クライアント側必要ディスク容量 -
クライアント側その他動作環境 JRE 7以上
【対応ブラウザ】
Internet Explorer 8.x以上
サーバ側OS Windows Server 2008
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
サーバ側対応プロセッサ Intel Xenonプロセッサー
サーバ側必要メモリ容量 4GB以上
サーバ側必要ディスク容量 -
サーバ側その他動作環境 DB Server:Oracle Database 11g、Oracle Database 12c
Web/AP Server:Oracle WebLogic Server 11g、Oracle WebLogic Server 12c、Jetty 7
その他特記事項 -
製品サイトURL:http://www.core.co.jp/openpdm/

この製品を比較表に追加

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■純国産PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」とは?(1.1MB)

「OpenPDM 核」の特長、機能概要を分かりやすく図で紹介したリーフレット。
■低価格で導入できるPLMシステム OpenPDM核(CORE)の紹介資料(3.9MB)

標準設計BOM、製品製造BOM、保守BOMが統合管理できるPLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」の製品概要。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、下記のフォームからお申込みできます。後日、下記掲載企業及び取扱い企業より、ご要望に応じてご連絡差し上げます。
下記のフォームに必要事項をご記入の上、確認ボタンをクリックして下さい。

※キーマンズネットのサービスに関するお問い合わせは、ページの最下部の「キーマンズネットへのお問い合わせ」からどうぞ。


問い合わせフォーム ( * は必須項目です)




1.入力

(1) ご要望をお選び下さい。 *

ご要望に沿ったシステム提案を行うために、参考情報として下記の質問にお答え下さい。(必須項目ではありません)

(2) 今回掲載の製品・サービスをご存知でしたか?
(3) 具体的な導入予定時期を教えて下さい。
(4) あなたの立場をお選び下さい。





製品・サービスの取扱い企業


株式会社コア
部署名:プロダクトソリューションカンパニー 営業統括部
住所:〒154-8552 東京都世田谷区三軒茶屋1-22-3 コアビル
TEL:03-3795-5153
e-mail:openpdm@core.co.jp
URL:http://www.core.co.jp/openpdm/


掲載企業


株式会社コア
URL:http://www.core.co.jp/


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029208


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ