クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Service


クラウド型ファイル共有サービス
Oracle Documents Cloud Service


日本オラクル

Keyノート

  • 基本情報
  • クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Serviceの特長
  • クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Serviceのスペック
  • クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Serviceの資料ダウンロード
  • クラウド型ファイル共有サービス Oracle Documents Cloud Serviceの問い合わせ・相談

クラウド型ファイル共有サービス<br>Oracle Documents Cloud Service

掲載日:2016/09/12
更新日:2016/10/01

資料請求・問い合わせ

企業規模 企業規模問わず
オススメ
ユーザ
さまざまなデバイスや場所からセキュアにファイルを共有し、社内外のコラボレーションを効率化し社員の生産性を向上したい企業。
製品形態 ASP・SaaS
サービス
概要
強力なセキュリティとアプリケーション連携を実現する、クラウド型のファイル同期・共有サービス。
価格情報 【月額料金】※税別
1ユーザー 1800円(ユーザー数 最少 10〜最大 無制限)
詳細はお問い合わせください。
サポートエリア 全国


特長


セキュア

モバイルに最適化されたクラウド型ファイル共有サービス


Oracle Documents Cloud Service(DoCS)は、マルチデバイスでセキュアなファイル共有ができるクラウド型のファイル同期・共有サービス。社内はもちろん社外ともセキュアなファイル共有が行える。

パブリックリンク機能
アカウントを持つメンバー同士だけでなく、アカウントを持たない外部ユーザーとの一時的な共有を可能にするパブリックリンク機能を標準で備えている。これにより、安全に社内外との双方向の共有を行うことができる。

場所や時間を選ばずにファイルの同期・共有
iPhone、Android、Mac、Windows PCなど、あらゆるデバイスからWebブラウザを活用したファイルの同期や共有が可能。あらかじめ同期されたコンテンツに対してオフラインで作業し、オンラインになったときに同期を取ることもできる。

豊富なファイルタイプのプレビュー
ファイルプレビュー機能は、多数・多様なファイルフォーマットをサポート。CADデータもファイルを開くことなくDoCS上でプレビューすることが可能。

高機能な検索
全文検索に加えて、属性、ファイル名、会話、メッセージ、ハッシュタグ、ユーザー情報を対象に、ANDやOR条件などを駆使し柔軟で複雑な検索が可能。目的の情報を容易に迅速に見つけることができる。

情報共有Webサイト作成も超簡単
情報共有のその先に必要となる情報発信の機能も備えている。Webサイト作成のオプション(無料)がついており、ドラッグ&ドロップで簡単に、社内イントラサイトや簡単なキャンペーンサイトなどを作成でき、業務部門による迅速な情報発信が可能だ。公開したページやファイルへのアクセス履歴も確認できる。

ソーシャルコラボレーション
組み込みの会話機能を使用した社内外でのコラボレーションが可能。ファイル、フォルダまたはスレッドレベルでのディスカッションを促進する。

柔軟なAPI拡張
REST APIに対応しており、容易にアプリ拡張できる。API利用やコール回数などに対する追加料金は不要だ。




このページの先頭へ

スペック

製品名(サービス名) Oracle Documents Cloud Service
サービス提供会社 日本オラクル
動作環境 【対応ブラウザ】
Edge 12以上
Internet Explorer 11以上
Firefox 35以上
Chrome 45以上
Safari 8、9
【対応モバイルデバイス】
iOS 8、9
Android 4.4以上、5.x、6.x
提供エリア 全国
オプションサービス 「Oracle Sites Cloud Service」(無料オプション)
その他サービス -
その他特記事項 【無料トライアル】
利用期間:30日
(最大60日まで延長可能)
製品サイトURL:https://cloud.oracle.com/ja_JP/documents

この製品を比較表に追加

価格情報


【月額料金】※税別
1ユーザー 1800円(ユーザー数 最少 10〜最大 無制限)
詳細はお問い合わせください。


補足説明
サイト作成サービス「Oracle Sites Cloud Service」は無償で利用可能。

サポートエリア


全国


補足説明

このページの先頭へ

資料ダウンロード

アンケート回答後、資料をPDFでダウンロードいただけます。



■Oracle Documents Cloud Service(1.3MB)

マルチデバイス対応で、どこからでも簡単にアクセスできるクラウド型ファイル共有サービスの製品資料。社内外とセキュアな情報共有ができる。
■セキュアな情報共有を手軽に実現 一歩進んだビジネス・スタイル(2.5MB)

「ファイル共有しながらの“会話”による円滑なコラボレーション」「パブリックリンクで社外関係者によるセキュアなダウンロード&アップロード」など活用イメージを紹介。
■Oracle Documents Cloud Serviceをお使いのお客様(1.8MB)

国内外14社(団体)のOracle Documents Cloud Service導入事例集。
■オンラインストレージでの情報共有はやめませんか?(12.1MB)

「オンラインストレージ利用企業の37%がリプレースを検討中のわけ」「一般的なオンラインストレージの落とし穴とDoCSの解決策」などを解説したセミナーの資料。
■企業利用に安全・安心なクラウドファイル同期・共有サービス(1.5MB)

エンタープライズ利用にふさわしいセキュリティと運用管理などの製品特長を紹介した資料。
■無料トライアルお申込み登録方法ガイド(991KB)

「試用版のスペック」「サインアップ方法」「サインアップ後の作業」「期間の延長について」を紹介。

このページの先頭へ

問い合わせ・相談

製品やサービスに関するより詳しい情報を直接入手したい場合は、会員登録(無料)・ログインしてください。

会員登録(無料)・ログイン




製品・サービスの取扱い企業



掲載企業


日本オラクル株式会社
TEL:0120-155-096 (オラクル・ダイレクト)
URL:https://faq.oracle.co.jp/app/ask/referer_id/mk


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029199


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ