情報共有に伴う機密文書流出を防ぐ“見せながら守る”対策とは?

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/30


NECソリューションイノベータ

情報共有に伴う機密文書流出を防ぐ“見せながら守る”対策とは?
業務の中で重要情報のダウンロードや印刷をするケースは少なくない。しかし、ローカルデータや紙の書類になると、その後は個人管理となり情報漏えいのリスクが生じる。これに対し、情報管理の厳しい企業ではどう対策しているのだろうか。

 どれほど強固な情報セキュリティ対策を行っていても、紙に印刷されると監視の目が及ばなくなる。このような情報共有に伴うリスクに対して、情報管理が特に厳しい金融業界などでは、文書ファイルのダウンロード制限や暗号化に加えて、印刷制御を行うことで外部流出を防止する取り組みが既に始まっている。

 東京に本社を構えるある金融企業の例を見てみよう。同社では、社員の情報共有のためにブラウザベースのナレッジシステムを運用しているが、そこには機密情報も多く含まれる。しかし、業務の中では、どうしても印刷が必要なケースもあり、“見せながら守る”手法に悩んでいた。

 そこで、掲載文書の重要度に応じて、印刷やダウンロードの可否を設定でき、メールやUSBメモリなどで持ち出された文書を解読不可にする暗号化機能も備えたWeb情報漏えい対策ソフトウェアを導入した。本コンテンツでは、その仕組みや効果を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 NECソリューションイノベータ株式会社


掲載企業 NECソリューションイノベータ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


仮想環境のバックアップ、「大規模特有の破綻リスク」を回避せよ

基幹システムなど重要システムの仮想環境移行が進んでいる。しかし大規模環境“特有”のバックアップリスクを把握しているだろうか。知らないと危険な落とし穴を解説する。

事例で分かるマルチクラウドの課題と対策方法 失敗しないクラウド基盤の選び方

提供形態の異なるクラウドを適材適所で使い分ける「マルチクラウド」の活用が加速している。マルチクラウド環境の課題をまとめるとともに、ネットワーク、セキュリティ、運…

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事




掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029186


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理の製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ