Webシステムの情報漏えい対策、内部不正に強くする開発方法は?

IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPの製品比較・一覧 > 製品詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > カテゴリ別 過去掲載製品ページ一覧 > エンドポイントセキュリティ > DLP > 製品詳細

掲載されておりますサービス内容・料金・連絡先・リンク先などは掲載日時点のものです。変更している場合がございますのでご了承下さい。

掲載日:2016/08/25
更新日:2016/09/01


NECソリューションイノベータ

情報漏えいを防ぐには内側からケア――内部不正対策、一挙公開!
社内外の関係者との情報共有を行うWeb系の業務システムでは、共有情報の管理や情報漏えい対策への不安を抱くユーザーが多い。そこで、Webシステムの開発ベンダーに期待されているのが、内部不正の発生前後共に対応した情報漏えい対策だ。

 ポータルサイトや文書管理システムなど、社内外の関係者との情報共有はWebベースで行われるようになってきた。しかし、Web系の業務システムでは機密情報やマイナンバーなども扱うため、共有情報の管理や情報漏えい対策について不安を抱くユーザーも多い。

 そこでWebシステムの開発ベンダーが考えなければならないのが内部不正対策だ。許可されたユーザーによる不正行為には、画面のキャプチャー、文書ファイルのダウンロードや印刷、図版や画像データなどの二次利用などがある。これらに対して、不正発生の事前と事後の両面から対策をすることが開発ベンダーには求められる。

 その際、競合他社と差別化するためには、どのような方法が考えられるだろうか。本コンテンツでは、顧客ニーズに応える事前対策と事後対策を行う方法として、新規開発システムと現行システムのいずれにも組み込めるWebコンテンツ保護・情報漏えい対策を紹介する。





こちらの記事は会員限定になります


会員登録(無料)・ログイン

会員登録/ログインすると…
製品資料の請求や、ダウンロードができます


このページの先頭へ

製品・サービスの取扱い企業 NECソリューションイノベータ株式会社


掲載企業 NECソリューションイノベータ株式会社

この記事を読んだアナタにおすすめします。

PICUP 注目されている記事


その開発、待った!本当に今後もずっとAccessを使い続けられる?

Accessで作り込んできた業務システムがブラックボックス化し、誰も触れない…。Windows 10への移行を進める中で、社内Access資産の動作検証や対応が…

待望のBIだったはず。導入後、間もなくリプレースを検討…なぜ?

Excelを使い四苦八苦しながら行っていたデータ集計・分析。ようやくその負担を軽減できると待ち望んでいたはずのBIツールだが、導入して間もなく社員が“BI離れ”…

面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減

Office 365 が統廃合や新会社設立など組織変更へのスピードにも難なく対応できるかは経営戦略をつかさどる経営者や部門長には重要視すべきポイント。そこで医療…

新概念“コンポーザブル・インフラストラクチャ”でIT部門はどう変化する?

次世代アプリケーションに俊敏性をもたらすITインフラが求められるようになったが、現場では従来型アプリケーションも必要とされている。新旧のアプリケーションが混在す…

増大するハイブリッド・クラウド 複雑な運用管理をどうすべきか

多くの企業で利用が進むハイブリッドクラウド。業務部門の急速な利用拡大に伴い、ガバナンスや運用管理が手に負えなくなっている。次世代ITインフラの運用管理のための新…

クラウド版Microsoft Officeを月額100円で安全に利用する方法とは?

生産性向上とセキュリティ確保。予算も人的リソースも限られる中小企業が、この2つの課題に無理なく取り組むにはどうすればよいのか。

CATEGORY 同じカテゴリのおススメ記事



印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


10029184


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPの製品比較・一覧 > 製品詳細

このページの先頭へ

ページトップへ